MENU

環境報告
IHIグループ環境ビジョン

環境ビジョンと環境活動計画

IHIグループはこれまで,生産拠点の環境保全活動を中心に取り組んできました。一方,お客さまに提供する製品やサービスを通して環境負荷を低減し社会の持続的発展に貢献していくことも,IHIグループの使命と考えています。2018(H30)年度におけるIHIグループ環境活動のあるべき姿を示した「IHIグループ環境ビジョン2013」を達成するため,IHIグループ経営方針に準じて環境活動における3カ年計画をたて,実践しています。
2013年度(H25)年度から2015(H27)年度にかけて「IHIグループ環境活動計画2013」に基づき,グループ環境経営の基盤作りを概ね完了しました。そして次期3カ年計画「IHIグループ環境活動計画2016」を策定し,ビジョンの達成を目指します。

環境ビジョン

IHIグループ環境ビジョン2013(2013~2018年度)

IHIグループは世界中のお客さま・パートナーとの
協業を通して地球環境を守り続ける
グローバルな企業グループとなる

環境活動計画

環境ビジョン達成のイメージ

IHIグループ環境ビジョン2013(2013~2018年度)が実現した場合,IHIグループはどのようになっているでしょうか。
私たちは「製品・サービスを通した環境負荷低減」,「事業活動を通じた環境負荷低減」,「グループ環境マネジメントの推進」の3つのテーマごとにその達成されたイメージを以下のように描いています。

製品・サービスを通した環境負荷低減

  • ●IHIグループの事業活動で1年間に排出するCO2が30万トン未満。一方,製品・サービスによって,世界中のお客さまが排出するCO2を総計で年間1,000万トン以上削減できている。
  • ●事業本部・セクターの経営目標に,製品・サービスによるCO2削減貢献量が示されている。
  • ●IHIグループとして環境配慮製品の売上比率が70%を超えている。
  • ●「IHIグループの製品・サービスは地球環境保全につながるね。」と思われている。
  • ●地球環境保全に貢献する製品が,多数の表彰を受けている。

事業活動を通した環境負荷低減

  • ●IHIグループ全体として,事業活動で排出するCO2の削減目標を達成している。
  • ●工場やオフィスの省エネルギー活動が進み,ムダな電気や燃料を使っていない。
  • ●グリーン調達を促進して,環境配慮をしているお取引先さまを積極的に活用している。
  • ●製品に含まれる有害な化学物質の管理を徹底し,お客さまからの信頼を得ている。
  • ●生物多様性に配慮した事業活動ができている。

グループ環境マネジメントの推進

  • ●国内・海外の生産拠点を含め,環境負荷低減の項目と削減目標を共有している。
  • ●国内・海外の主要な生産拠点は,環境マネジメントシステムを導入し,継続的な環境経営ができる体制を整えている。
  • ●各国,各地域における環境法令の厳格化への対応に関して,グローバルな観点で情報を共有できている。
  • ●社内の自主的な監査によって,課題の把握と対策が迅速に実施できる仕組みができている。
  • ●社内報やイントラネットなどを活用し,環境活動の状況をいち早く展開できている。

環境ビジョン到達のイメージ

IHIグループが目指すのは,かけがえのない地球を守るために持続的発展が可能な社会を実現することです。
そのためにIHIグループができることは,「資源・エネルギー・環境」,「社会基盤・海洋」,「産業システム・汎用機械」,「航空・宇宙・防衛」,4つの事業領域から提供される製品・サービスを通して,世界中のお客さまの環境負荷低減に貢献することです。
ただし,これはIHIグループだけで実現できるものではなく,IHIグループの世界中のお客さまやパートナーの皆さまとの連携が不可欠です。
そのためにIHIグループでは,全員がそれぞれの業務プロセスに応じた環境配慮意識を持ち,高い「技術」「ものづくり」能力を有するプロフェッショナルな人材となるよう,人材育成にも力を入れていきます。

環境ビジョン実現への取り組み

環境ビジョンの実現に向けて,「製品・サービスを通した環境負荷低減」と「事業活動を通した環境負荷低減」を推進するにあたり,IHIグループとして貢献できる環境課題を3つに整理しました。

① 省エネルギー,地球温暖化対策
② 循環型社会形成
③ 環境保全
  ・化学物質対策,環境リスク対策
  ・生物多様性

IHIグループの事業活動は,具体的に「管理」「営業」「研究開発」「設計」「調達」「製造」「輸送」「建設」「試運転」の9つの業務プロセスに分類できます。
この事業活動の成果として生み出された製品・サービスは,「使用」「保守」「廃棄」の3つの段階に分類されます。
このマトリクスの中には,それぞれの業務プロセスにおいて取り組むべきテーマを,3つの環境課題に分類して示しています。従業員ひとりひとりが環境配慮意識を高く持てるような取り組みにつなげていきます。

TOP