• HOME
  • Sustainability Report2016について
MENU

Sustainability Report2016について

編集方針

IHI SUSTAINABILITY REPORT 2016は,IHIグループが,創業より160年を超える歴史の中で培ってきたものづくり技術に裏付けられた事業活動や社会活動を通じて,社会のさまざまな課題や,持続可能な社会のためにどのように取り組んでいるのかを読者の皆さまにお伝えすることを基本的な考え方としています。
2016(H28)年度は,2015(H27)年度に引き続き財務情報と非財務情報の特にお伝えしたい情報を「IHI 統合報告書2016」として冊子を発行する一方で,持続可能な社会に貢献するための取り組みや,IHIグループが中長期的にお客さまや社会への価値を創出し続けるグループであることをより深くお伝えするために,SUSTAINABILITY REPORTにて詳細な非財務情報を報告しています。
社会とIHIグループのSUSTAINABILITYに関する最新情報を随時追加,更新し,タイムリーな情報を発信するツールとしていきます。

<関連リンク>財務・業績情報

<情報体系図>

ニュースと新着情報

コーポレートガバナンス報告書 IHI Report(株主通信) 有価証券報告書 IHI統合報告書2015

対象範囲

株式会社IHI,および主要なグループ会社
(株式会社IHIの記事・データは「IHI」,グループ会社を含める場合は「IHIグループ」と表記しています。)

対象期間

2015(H27)年度(2015年4月1日~2016年3月31日)
ただし,一部には2013(H25)年度以前や,2016(H28)年度以降に予定されている活動や情報も含まれています。

発行日

2016(H28)年9月
(前回発行2015(H27)年9月)

参考にしたガイドライン

環境省 「環境報告ガイドライン(2012年版)」
GRI (Global Reporting Initiative)「サステナビリティレポーティング ガイドライン第4版(G4)」

免責事項

本報告書にはIHIグループの過去と現在の事実だけでなく,発行日時点における計画や見通し,経営計画・経営方針に基づいた将来予測が含まれています。この将来予測は,記述した時点で入手できた情報に基づいた仮定ないし判断であり,諸条件の変化によって,将来の事業活動の結果や事象が予測とは異なったものとなる可能性があります。読者の皆さまには,以上をご了承いただきますようお願い申し上げます。

TOP