HOME > 会社案内 > 沿革
会社情報 corporate

沿 革

旧石川島風水力サービス(株)の沿革はこちら
旧石川島汎用機械(株)の沿革はこちら
旧(株)IHI精機の沿革はこちら
昭和40年9月
石川島エヤコンサービス(株)設立
(株)IHI製暖冷房機のアフターサービスおよび、部品販売を主目的として営業を開始
昭和42年4月
冷凍機サービス業務の営業開始
同年7月
圧縮機サービス業務の営業開始
昭和48年4月
石川島標準ボイラ東京サービス(株)を吸収合併、石川島東京サービス(株)に社名変更
昭和53年10月
標準ボイラ、排煙脱硫装置サービス業務部門を分離
昭和55年4月
旧石川島汎用機サービス(株)を吸収合併、社名を石川島汎用機サービス(株)に変更
営業担当地域を関東以北から日本全国へ拡大
昭和55年10月
(株)IHIに代わり、暖冷房機及び、食器洗浄機の製造販売を開始
昭和62年10月
石川島油機(株)を吸収合併
半導体関連のスラリーシステムの営業開始
平成6年4月 本社を東京築地に移転
東京地区各事業所を本社に統合
平成7年11月 株式を日本証券業協会店頭登録、公開
平成13年2月 ISO9001の認証を取得
平成15年12月 コンプライアンスの趣旨に沿った「基本行動指針」を制定
平成16年12月 ジャスダック証券取引所創設に伴い当該取引所に上場
平成18年5月 会社法の施行に伴い、役員や従業員が法令や定款を守り、適正に職務を行うよう社内体制を整えるため「内部統制基本方針」を制定
平成18年10月 株式交換により、(株)IHIの完全子会社となる。(ジャスダック上場廃止)
平成19年7月 石川島風水力サービス(株)、石川島汎用機械(株)の辰野地区と統合し、「(株)IHI回転機械」として新たにスタート
平成20年8月 本店を中央区築地から江東区東雲に移転
平成21年4月 当社の完全子会社(株)IHI精機を吸収合併
平成22年1月 当社の完全子会社(株)NAPの全株式を(株)IHIに譲渡
平成22年4月 当社の航空機器事業を吸収分割により(株)IHIエアロマニュファクチャリング(旧社名:(株)NAP)に承継
当社の完全子会社(株)ニッシンを吸収合併
(株)IHI 汎用圧縮機事業の国内営業部門を統合
平成23年1月 台湾にスラリーリサイクルシステムのサービス拠点として合弁会社「石川島科技股有限公司」を設立
平成23年4月 食器洗浄機・回転棚の事業を北沢産業株式会社へ事業譲渡
平成23年12月 容器洗浄機事業を株式会社キサミツ技研へ事業譲渡
平成23年12月 ケータリング事業を株式会社中西製作所へ事業譲渡
平成25年4月 暖房機事業をオリンピア工業株式会社へ事業譲渡
平成25年5月 千葉県成田市に「パーツサプライ&テクニカルセンター」を新設し、「大宮製品センター」及び「枝川研修センター」の機能を移管・統合
▲ページの先頭へ