IHIイズム ヘッダ ヘッダ
サイトマップ ihi.co.jp
技術百科広告ギャラリーダウンロード
ホーム > 技術百科 > クレーン
TechnoEncyclopedia
クレーンは何をする機械?
クレーンとは、重い荷物や巨大な荷物を動力でつり上げ、水平に運搬する機械のことです。工場などで使われる天井クレーン、港でコンテナの積み降ろしに使われる橋形クレーンなど、使う場所や用途に合わせて50以上の種類があります。

ビルの建設現場でよく使われているクレーン(ジブクライミングクレーンと言います)は、腕の部分(ジブ)の先端にワイヤーロープを通して荷物をつり上げます。約50〜60台の車に相当する重さ(70トン)の荷物を一度に持ち上げられる怪力クレーンもあるんですよ!!
クレーンは何をする機械?
PageTop
ジブクライミングクレーンはどうやってビルを昇り降りする?
ジブクライミングクレーンは、常に建設中の超高層ビルの最上部で働き、ビルが完成するといつのまにか姿を消してしまいます。大きいものでは重さ300トンを超すクレーンを、どうやってビルの屋上まで引き上げ、下に降ろすのでしょう? ジブクライミングクレーンは、その名の通り、自らのマストを使ってビルを昇る機能を持っているのです。
PageTop
クレーンの種類
クレーンは、使用する場所や用途に応じて様々な構造、形状のものが開発されており、その種類は50以上あります。
天井クレーン
天井クレーン建屋内の向かい合った壁を橋渡しするように設けられた走行路を行き来するクレーンで、この名は、クレーンがあたかも天井を走行しているかのように見える点に由来しています(ただし、同じ構造、形状であれば、屋外にあるものでも天井クレーンと呼ばれています)。工場や物流センターなどで、荷の搬送に広く使われています。
ジブクレーン
ジブクライミングクレーン腕に相当する部分(ジブ)を持つクレーンは、一般に、ジブクレーンと呼ばれ、天井クレーンに次いで広く普及しています。構造、形状に応じて様々な種類のものに大別できますが、その中で目にする機会が多いのは、ビルやマンションの建設現場で活躍するジブクライミングクレーンです。ジブクライミングクレーンの名は、建設工事の進行状況に伴って、支柱(マスト)を継ぎ足しながらビルやマンションを昇っていける点に由来します。
橋形クレーン
コンテナクレーン走行路の両端に脚が設けられているタイプのクレーンで、見かけ上、橋に似ていることから橋形クレーンと呼ばれています。屋外に設置されることが多く、特に、コンテナの陸揚げ、積み込み専用のつり具を備えている橋形クレーンは、コンテナクレーンと呼ばれています。
フローティングクレーン
フローティングクレーンジブクレーンを搭載した大型船を指し、海上を自由に移動できる点が大きな特徴です。橋梁や港湾、海洋構造物の建設作業、沈没船の引き上げ作業などに使われています。
PageTop
IHIのクレーンの歴史
ビルやプラントなどの建設現場で、資材の吊り上げ、水平の運搬に用いられる代表的なクレーンとしてジブクライミングクレーンがあります。IHIは、このジブクライミングクレーンの分野で国内トップシェアを誇っており、これまで、ジブクライミングクレーンの技術的なブレイクスルーを数多く達成してきました。
   
東京駅鉄骨東京の表玄関「東京駅」。IHI(当時は石川島造船所)は約3000トンに及ぶ鉄骨を製作。さらに、それを効率良く組み上げるために、2台の移動式クレーンを製作しました。IHIは、建築界が注目する中、短納期、低コストの施工を実現。クレーンを用いた鉄骨建築のはじまりとなりました。
   
霞ヶ関ビルの建設風景1968(昭和43)年に完成した日本初の超高層ビル「霞ヶ関ビル」では、IHIが開発したクライミングクレーンが、高さ147mまで鉄骨を組み上げました。
   
ランドマークタワーを建設するJCC-1500H型クレーンその後、IHIのジブクライミングクレーンを用いて建設された超高層ビルは、新宿新都庁舎、横浜ランドマークタワー、品川インターシティなど、枚挙にいとまがなく、これまでわが国で建設された超高層ビルのほとんどにIHIのジブクライミングクレーンが用いられてきたと言っても過言ではありません。IHIのジブクライミングクレーンは、日本の都市整備において、常に重要な役割を果たしてきたのです。
PageTop
クレーンは、実は優雅な「鶴」だった!?
■クレーンは、実は優雅な「鶴」だった!?
クレーンの英語「crane」を辞書で調べてみてください。「クレーン、起重機」以外に、「鶴」と書かれているはずです。起重機の形状が鶴に似ていたことから、まず英語圏で「crane」と名づけられ、その後、それをカタカナ表記した「クレーン」が、起重機の意味で広く使われるようになりました。縁の下の力持ちであるクレーンは、実は、優雅な「鶴(crane)」だったのです。

ビルの建設現場などで赤白のしま模様のクレーンを見かけます。これは、高さ60m以上の構造物はそのようにペイントすることが航空法により規定されているからです。
クレーンは、実は優雅な「鶴」だった!?
クレーンの名前は、実は、鶴(crane)に由来しています。
PageTop
Copyright
ライン
クレーン
・クレーンは何をする機械?
・ ジブクライミングクレーンはどうやってビルを昇り降りする?
・クレーンの種類
・IHIのクレーンの歴史
・クレーン豆知識