IHI

株式会社IHI



プレスリリース

2014年度

IHI農業情報サービスを「第33回国際農業機械展in帯広」に出展

-2014年7月7日-

 IHIは、新事業の一貫として、持続可能な食料生産、食の安全・安心などを目指し、平成23年度からIHIグループが持つ「宇宙開発」、「気象観測」、「農業機械」などで培った技術を活かした『IHI農業情報サービス』を、モニターとなっている十勝帯広エリアの農業生産者向けに提供し、生産支援を行う取組みを始めています。

 当社の農業情報サービスは、作物・環境センシングを中心とした農業ICT技術を採りいれて開発した農業生産支援システム「Field Touch(フィールドタッチ)」を使用して展開しています。これは、作物の生育環境データ、作物の生育状態データ、作業ログデータを収集し、フィールドタッチ上で提供される生産支援情報・ツールを活用して、農業生産および経営の計画・実行・点検・改善を行うものです。

 現在は、人工衛星・航空機による土壌分析・植生分析情報提供と、IHIグループの明星電気などのフィールドセンサーによる気象・土壌観測の情報提供を、300軒近くのモニター生産者向けに試験提供を行っており、将来的には、食品メーカーの原料作物の安定調達や、流通・小売企業の生産野菜の安定調達などにも寄与する、新たな価値の提供を目指していきます。

 当社では、IHIスターとともに、7月10日(木)から7月14日(月)に開催される日本最大級の農業機械の祭典である「第33回国際農業機械展in帯広~次世代農業へ新たなる挑戦~」に出展し、農業情報サービスを紹介します。

 出展内容は以下の通りです。

◆ IHI:『農業情報サービスで、食・農の世界に新たな価値を提供』をテーマに、農業生産者や農業・食品関連企業に、農業の生産性向上や農産物の安定調達・QCD改善に繋がる情報を提供するサービスである当社開発の「フィールドタッチ」を紹介。来場者に実際にタブレット端末を操作していただき、試験提供している情報サービスをご覧いただくことがきます。

◆ IHIスター:創業90周年を迎えるIHIスターでは、大規模化した北海道農業にフィットする90周年モデルの大型ハイドロマニュアスプレッダ(たい肥散布機)、今後、更なる需要の増加が見込まれる可変径フィードラッパー(混合飼料成形密封装置)などの実機8機を展示します。

◆ 明星電気:小型気象計「POTEKA2」を展示します。

 

株式会社IHIスター(STAR)
本社 北海道千歳市
代表取締役社長 青栁 稔
事業内容 農業用機械などの製造・販売
http://www.ihi-star.com/    
     
明星電気株式会社
本社 群馬県伊勢崎市
代表取締役社長 石井 潔
事業内容 気象防災・環境計測・情報通信総合メーカー
http://www.meisei.co.jp/    

 

 IHI農業情報サービスへの取組み PDF

IHI農業情報サービスへの取り組み
IHI農業情報サービスへの取り組み
   

IHIスター大型ハイドロマニュアスプレッダ(たい肥散布機)
IHIスター大型ハイドロマニュアスプレッダ(たい肥散布機)