IHI

株式会社IHI



プレスリリース

2015年度

デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道 鋼橋建設工事契約に調印 ~JICAによる円借款事業 過去最大規模案件~

-2015年8月21日-

 IHIの関係会社である株式会社IHIインフラシステム(所在地:大阪府堺市、社長:井上 明、以下IIS)は、8月21日、インド共和国の最大手のゼネコンLarsen & Toubro Limited(L&T)社とのJVで、インド政府鉄道省傘下の貨物専用鉄道公社(Dedicated Freight Corridor Corporation of India Limited)と、「デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道西線(Western Dedicated Freight Corridor)の鋼橋パッケージ15A、15B、15C」の契約に調印いたしました。

 本工事は首都デリーとインド西海岸の玄関港であるムンバイを結ぶ1,500kmの高速貨物専用鉄道線の西線のうち、両端部の555km区間中に、橋長60m~1,400mまでの計12の鋼橋および橋長7m~21mのコンクリート橋5橋を建設する工事です。鋼橋の橋梁形式はトラス橋(標準スパン約48m)で、架設には日本でも広く普及している手延べ機を使った送り出し架設工法※1が用いられます。工事は2015年9月末に着工、2019年9月末に完成する予定です。

 インド国内の貨物輸送量は年々増加する中、大容量化かつ高速化等による貨物輸送能力の強化が喫緊の課題となっています。今回受注した工事は、日印両政府が共同で推進する「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」※2(Delhi-Mumbai Industrial Corridor)の根幹をなすプロジェクトで、日印経済協力の象徴的案件と位置付けられています。西線の建設工事全体では、過去最大規模の4,500億円を超える円借款事業となります。全線開業後、輸送時間が大幅に短縮されることから、同国の物流ネットワークの効率化および、経済発展への寄与も期待されています。

 IISはこれまで数多くの橋梁建設工事を手掛けており、また海外においても、ベトナムの日越友好橋(ニャッタン橋)やトルコ建設中のイズミット湾横断橋等、多数の大型橋梁建設に携わり、豊富な経験を有しています。今後もより一層海外での橋梁受注活動を推進し、社会インフラの整備を通して各国の発展に貢献していきます。

<工事概要>

発 注 者 Dedicated Freight Corridor Corporation of India Limited
所在地:ニューデリー、 代表者:Shri Adesh Sharma
DFC(貨物専用鉄道)プロジェクトのため2006年に設立
工事場所 Dadri~Rewari間+ Vadodara~JNPT間(555km)西線
受 注 者
 
 
IIS :所在地 大阪府堺市、社長:井上 明
L&T:所在地 ムンバイ、代表者:K. Venkataramanan(CEO&MD)
    先端資本財の製造と建設系コングロマリット
受注金額 約210億円
概  要 鋼橋12橋および小規模コンクリート橋5橋の建設工事
 
※1 手延べ機を使った送り出し架設工法 
  橋桁を組み立てて、その先端に手延べ機を取付け、ジャッキを使って、橋桁を水平に送り出す。1連目の橋桁を送り出した後に、2連目以降の橋桁を順次接続して押し出す。橋桁を目的の位置まで押し出したあと、手延べ機を取り外し、前後の橋の高さと同じになる位置まで橋桁を下ろし、その前後の橋桁を接続して完成。
 
※2  デリー・ムンバイ間産業大動脈構想(DMIC)
  デリーとムンバイの間に、貨物専用鉄道(円借款4,500億円)を敷設。周辺に、工業団地、物流基地、発電所、道路、港湾、住居、商業施設などのインフラを民間投資主体で整備する日印共同の地域開発構想。産業・物理・社会インフラを整備することにより、新たな雇用創出、工業生産量・輸出量の倍増を期待。日本の国際協力銀行の支援に基づき日印両国が主導するプロジェクト開発基金の共同設立、および円借款などの協力体制をもとに実現していく。

 

<参考>橋梁位置図

デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道 鋼橋建設工事契約に調印