IHI

株式会社IHI



プレスリリース

2015年度

鹿児島市七ツ島におけるバイオマス発電事業について

-2016年2月16日-

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区、社長:斎藤 保)は、鹿児島県鹿児島市七ツ島地区に保有する土地の一部(約62千㎡)を活用し、木質バイオマスによる発電事業を展開することとしました。
 本事業で発電する電力は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、全量を九州電力株式会社に売電する予定です。出力規模は49MWで、発電所は2016年度より建設に着手、2018年後半に完成し、以降20年に亘り売電する計画です。
 当社は本発電事業を通して、環境に優しい再生可能エネルギーの普及を促進するとともに、事業誘致と地元雇用の創出により地域経済の活性化に寄与して参る所存です。
 

発電所の概要

発電能力 バイオマス発電システム49MW
所在地 鹿児島県鹿児島市七ツ島2丁目
土地面積 約62千㎡
年間発電電力量 約337,000MWh
一般家庭の約77,000世帯分に相当
約200,000トンのCO2削減に貢献
建設スケジュール 着工:2016年夏頃
完成:2018年末頃