ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

インドネシア向け 超々臨界圧石炭火力発電ボイラを受注 ~日本が誇る最新鋭の超々臨界圧石炭火力技術を中小型機種に導入へ~

-2016年4月11日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡次郎,以下「IHI」)は,このたび,多くの電力インフラ関連案件を手掛けている住友商事株式会社(所在地:東京都中央区,社長:中村邦晴)から,超々臨界圧(以下「USC」(※1))石炭火力発電ボイラ(出力315MW×1基)に関する,本体機器供給の業務を受注しました。
 本件は,インドネシアの国営電力会社であるPT.PLN (Persero)が,ロンタール石炭火力発電所(ジャカルタ市西方約80km)内の既設1-3号機の隣接地に4号機を増設する,拡張建設工事向けで,運転開始は2019年の予定です。IHIは,アジア市場を含む国内外において多くのUSCボイラを受注・納入しており,今回の受注は,高蒸気条件におけるノウハウと高度な製作技術や優れた運用実績が評価されたものと考えております。

 インドネシアでは,急速な経済成長と社会の発展に伴い,電力需要が増加している状況に対応するため,2015年から2019年の5年間で35GWの電源を整備する「35GW新規電源開発計画プログラム」を推進しています。ジャカルタ近郊電源である本増設案件も早期の供給電源として期待されています。

 今回受注したUSCボイラは,蒸気を超高温・超高圧化することで発電効率を高め,燃料の使用量と二酸化炭素の排出量を抑制することができます。日本が誇る高効率石炭火力発電技術を用いてUSCボイラを中小型にダウンサイジングすることにより,中規模の電力需要と環境負荷低減に同時に応えることが可能になりました。

 IHIは,世界最高水準の蒸気条件によるUSCボイラの納入をはじめ,国内外の石炭火力発電ボイラや環境設備の豊富な実績を有しています。また,主力工場である相生工場には各種のクリーンコールテクノロジーに関する様々な実証試験設備を備えており,環境負荷低減技術の開発に積極的に取り組んでいます。

 今後も著しい成長が見込まれるインドネシアをはじめとするグローバル市場において,安定的かつ効率的な電力供給を実現するために,今後もIHIは高い発電効率および優れた環境性能を誇るボイラを中心とした発電機器・システムを提供していきます。

(※1) 超々臨界圧(USC:Ultra Super Critical)の蒸気条件

【参考資料】
<納入予定地>
pr160411-2



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。