ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

衛星を活用した船舶位置情報サービスの提供を開始

-2017年6月23日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)のグループ会社である,株式会社IHIジェットサービス(本社:東京都昭島市/社長:大桃 光晴,以下「IJS」)は,AIS (Automatic Identification System) 衛星による船舶位置情報データの世界最大手プロバイダーであるexactEarth社(本社:カナダ・オンタリオ州,以下「eE社」)と,日本における販売代理店の独占契約を締結し,このたび,船舶位置情報サービス提供を本格的に開始しました。

 船舶自動識別装置であるAISは,船舶の衝突回避などを目的として,船舶相互間や,船舶と陸上局間で,船舶の位置情報を自動的に送受信するシステムであり,一定の船舶(*)への搭載がIMO(国際海事機関)により義務づけられています。このAISから発信されるデータを衛星でモニタリングすることにより,陸上局から検知できない全海域のビッグデータを高精度に把握することが可能であることから,近年,海上交通の安全確保・領海警備・海難救助・漁船操業管理等において活用が進んでいます。現在,世界で13万5000隻以上に搭載されており,今後も利用の拡大が見込まれています。

 eE社は,AIS衛星により船舶位置情報を提供する世界最大手のプロバイダーであり,現在15機の衛星を独自に運用し,全世界にサービスを提供しています。eE社は,2017年1月から順次,次世代衛星を打ち上げており,2017年6月には最初の4機の次世代衛星によるデータ配信を始めました。今後も衛星を継続的に打ち上げる予定で,2018年には58機を運用し,より高精度のデータをリアルタイムに提供する計画です。

 IHIは,この船舶位置情報サービスを日本の顧客向けにカスタマイズし,2年前から海上保安庁や海運関係会社に向けて提供してきました。今後は,IJSがeE社の日本における独占代理店となり,以下のサービスを提供していきます。

  1. eE社のWebサービス「Shipview」の提供
    ・eE社の船舶関係情報を,利用しやすいWebサービスで提供します。
  2. eE社のリアルタイム・データの提供
    ・eE社の船舶位置情報データを,リアルタイムで提供します。
  3. アーカイブ・データの提供
    ・特定の海域・時期・船種等の船舶位置データなど,分析に必要な情報を提供します。
  4. 客先毎のカスタマイズ製品の提供
    ・データ分析ツールとなるIJS独自ビューア「iOMS(アイオムス)」を提供します。

 IJSは,IHIグループが長年にわたり蓄積してきた航空宇宙および船舶関連のビジネスや技術を生かして,AISデータに関わるより良いサービスを提供していきます。

衛星を活用した船舶位置情報サービスの提供を開始
 
衛星を活用した船舶位置情報サービスの提供を開始
Shipview画面   58機の衛星で地球からAISデータを
取得するイメージ

(*) 一定の船舶:国際航海の場合,300総トン以上の船舶および全旅客船へ,非国際航海の場合,500総トン以上の船舶に搭載が義務付けられている。

<株式会社IHIジェットサービス>
本社所在地 :  東京都昭島市拝島町3975番地18
設立年月日 :  1978年10月2日
主な事業内容 :  ガスタービンの整備サービス,航空・宇宙・設計分野の技術サービス,
包装・運輸・倉庫等の物流サービス,部品・材料販売・設備保全等の工場
運用支援業務,計測機器等の校正・潤滑油の金属・性状分析,航空機
などの支援機器製造販売,人材派遣,衛星情報提供サービス
<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社IHIジェットサービス 衛星情報サービス部
  TEL:042-500-7935 FAX:042-500-8344
  〒196-8686 東京都昭島市拝島町3975番地18
  お問い合せフォーム:http://www.ihi.co.jp/ijs/ais/index.html



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。