ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

将来の戦闘機用を目指したジェットエンジンの主要部分(コアエンジン)を納入

-2017年6月28日-

プレスリリース

 株式会社IHI(本社:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)は,本日,防衛装備庁から受注し研究試作を行った,将来の戦闘機用を目指した推力15トン級ジェットエンジンの主要部分を防衛装備庁札幌試験場において,防衛装備庁に納入しました。
 納入したのは「コアエンジン」と呼ばれるエンジンの中心部である,圧縮機,燃焼器,高圧タービンから構成される自立運転可能なユニットで,ジェットエンジンの性能を左右する重要な部分です。
 
 将来の戦闘機用エンジンを実現するための研究試作として,IHIは,2010年度に防衛装備庁より「次世代エンジン主要構成要素の研究試作」を受注し,世界最先端の流体のコンピュータシミュレーション技術,日本独自開発の金属材料,セラミック基複合材(CMC),先進的な冷却技術,高度な電子制御技術,ステルス技術といった,日本が世界に誇る技術を随所に採り入れた戦闘機用エンジンを提案しました。また,圧縮機,燃焼器,高圧タービンを試作し,これらは,所期の目標性能を満足していることが既に確認されています。
 
 続いて,IHIは,2013年度に「戦闘機用エンジン要素の研究試作」を受注し,コアエンジンの設計製造を進め,2017年6月に所定の機能性能を満足することを確認し,本日,納入の運びとなったものです。
 
 さらにIHIは,2015年度に「戦闘機用エンジンシステムの研究試作」を受注し,国内企業のご協力も得ながら,コアエンジンをベースとして前部にファン,後部に低圧タービン,アフターバーナと排気ノズルを装着した戦闘機用エンジンのプロトタイプ(XF9-1)の設計製造を推進しています。
 
 IHIは,防衛装備庁を万全の態勢でサポートし,この事業を通じて世界に誇る技術を発展・統合させ,戦闘機用エンジン開発の技術基盤の構築を図っていきます。

コアエンジン
コアエンジン

【参考資料】
防衛装備庁ニュースリリース:http://www.mod.go.jp/atla/pinup/pinup290628.pdf




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。