ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

インド ムンバイ湾横断道路の道路橋建設工事を受注 ~ムンバイ都市圏の連結性向上,移動所要時間の大幅な短縮に貢献~

-2017年12月27日-

プレスリリース

 IHIのグループ会社である株式会社IHIインフラシステム(所在地:大阪府堺市,社長:川上 剛司,以下「IIS」)は,インド共和国のゼネコン最大手Larsen & Toubro Limited(L&T)社とコンソーシアムを組成のうえ,ムンバイ都市圏開発庁(Mumbai Metropolitan Region Development Authority)から,「ムンバイ湾横断道路建設事業 橋梁建設工事パッケージ1(以下「本案件」)」を受注し,昨日,石井 啓一 国土交通大臣および,デヴェンドラ・ファドナヴィス マハラシュトラ州首相ご臨席のもと,請負工事契約を締結いたしました。

 ムンバイ湾横断道路建設事業は,インド共和国マハラシュトラ州ムンバイ都市圏において,半島側のムンバイ市中心部Sewri(セウリ)から,ムンバイ湾を挟んだ東郊のナビムンバイ市を接続する,総延長約22kmのインド最長の海上道路を建設するものです。このたび受注した本案件は,このうちのセウリを起点とした約10kmの海上道路橋の建設工事です。IISは,同国で初めて採用される重防食塗装の鋼床版箱桁の製作・輸送などを担当します。本案件は円借款による政府開発援助案件であり,日本の高い技術・ノウハウを活かせる観点で,日本政府の推進する「質の高いインフラパートナーシップ」に資する案件です。

 同国において,経済面での首都と言われているムンバイ市は,増大する人口と自動車によって,交通渋滞が深刻化しています。一方,経済特区に指定されたナビムンバイ市では,港湾の拡張や新空港の建設が予定されています。これらの地域間のアクセスは,ムンバイ湾を周回する道路および鉄道各一本に限られており,今後のムンバイ都市圏の経済成長のためにも,道路をはじめとするインフラの整備が喫緊の課題です。ムンバイ湾横断道路の完成により,ムンバイ市とナビムンバイ市間の移動時間が,大幅に短縮されることから,ムンバイ都市圏の連結性向上のみならず,さらには経済成長の促進にも寄与できます。

 IISは同国で,2015年に受注したデリー~ムンバイ間貨物専用鉄道の鋼橋建設工事を担当しており,他にも,ベトナムの日越友好橋(ニャッタン橋)やトルコのイズミット湾横断橋(オスマン・ガーズィー橋)など,多数の大型橋梁建設に携わり,豊富な経験を有しています。今後もより一層海外での橋梁受注活動を推進し,社会インフラの整備を通して各国の発展に貢献していきます。

<工事概要>  
工事名称 ムンバイ湾横断道路建設事業 橋梁建設工事パッケージ1
施工場所 インド共和国マハラシュトラ州ムンバイ都市圏
発 注 者 ムンバイ都市圏開発庁
(Mumbai Metropolitan Region Development Authority)
受 注 者 Larsen & Toubro Limited– IHIインフラシステム コンソーシアム
工  期 2018年1月~2022年7月
【添付資料①:建設予定地(位置図)】
インド ムンバイ湾横断道路の道路橋建設工事を受注
 
【添付資料②:完成予想図】
インド ムンバイ湾横断道路の道路橋建設工事を受注
※出典:Mumbai Metropolitan Region Development Authority
 
【添付資料③:調印式の様子】
インド ムンバイ湾横断道路の道路橋建設工事を受注
中央左側:デヴェンドラ・ファドナヴィス マハラシュトラ州首相,右側:石井 啓一 国土交通大臣
前列右から2人目:川上 剛司 IIS社長



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。