ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

IHIグループ初 ミャンマーの工場がヤンゴンに完成 ~インフラ整備向けのコンクリート製品,PC橋,PC杭を製造~

-2017年5月8日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)のグループ会社である,アジア太平洋地域統括会社のIHI ASIA PACIFIC PTE. LTD.(以下「IHIAP」)と,ミャンマー連邦共和国建設省道路局(以下「DOH」)の合弁会社「I&H Engineering Co.,Ltd」(以下「I&H」)がヤンゴンに建設していた工場が完成しました。

 4月30日に開催された開所式には,ミャンマー連邦共和国ウィン・カイン建設大臣,ピョー・ミン・テイン ヤンゴン地域政府首相などの政府関係者や,樋口建史 駐ミャンマー大使など,多数の来賓にご臨席いただきました。また,IHIからは,代表取締役社長 満岡次郎,IHIAP代表取締役社長 桑田知之などの関係者も参加し,総勢,約200名が出席する盛大な式典となりました。

 このたび完成したI&Hの工場では,強度の高いPC技術により,コンクリート橋桁,スパンパイル(PC杭),建設資材などを製造する予定です。日本と同じく地震国のミャンマーにおいて,高強度のコンクリート製品への潜在需要は高いと予想されています。日本で培ったIHIグループのコンクリート技術を通して,さらなる経済成長が見込まれるミャンマーのインフラ整備に貢献するとともに,ミャンマーにおける技術移転・人材育成の期待に応えていきます。

 IHIグループでは,1960年代にシンガポールに造船所を開設して以来,東南アジア地域において,各種プラント,鋼構造物などの製作拠点を構え,長きにわたり事業を継続してきました。近年では,ラオス最大規模の水力発電所向けの水門鉄管工事や,ミャンマーの新タケタ橋建設工事などを受注しています。また,IHIでは,昨年策定した「IHIグループ経営方針2016」において,インドネシア,タイ,ベトナム,マレーシアを事業展開の重点国として位置付けており,シンガポールとタイにあるIHIグループの地域統括会社を中心に,営業・調達・管理機能を強化しています。

 IHIグループは,新生I&H工場を含めた東南アジアの製作拠点を活用し,今後ますます増加する同地域のインフラ需要に貢献していきます。

<工場概要>
所在地 ヤンゴン地域モビ地区(ヤンゴン中心部から北へ約50km)
Plot No.3, Kalarkone Village, Myaungdagar Steel Industrial Zone,
Hmawbi Township, Yangon RegionPlot No.3, Kalarkone Village,
Myaungdagar Steel Industrial Zone,Hmawbi Township, Yangon Region
総面積 約65,272㎡(建屋面積 約7,733㎡)
総工費 約10億円
生産品目 コンクリート製品(橋梁,コンクリート建材,PC杭,ほか)の製造・供給
主要施設 製作棟,ストックヤード,セメント保管庫,事務所建屋など
年間生産能力 5万トン~7万トン
従業員数 150名(予定)
<合弁会社I&Hの概要>
設 立 2016年2月8日
資本金 USD12,238,500.
株 主 IHIAP 60%,DOH 40%            
代表者 西 東十郎             
【参考資料】
①工場全景
IHIグループ初 ミャンマーの工場がヤンゴンに完成
 
②式典でのテープカット
IHIグループ初 ミャンマーの工場がヤンゴンに完成
 
③祝辞を述べるIHI満岡社長
IHIグループ初 ミャンマーの工場がヤンゴンに完成



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。