ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

経済産業省と東京証券取引所が,IHIを「攻めのIT経営銘柄2018」に選定

-2018年5月30日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)は,このたび「攻めのIT経営銘柄(※1)2018」に選定されました。IHIが選定されるのは2016年度に続き2度目となります。

  IHIは,中期経営計画「グループ経営方針2016」において,収益基盤の強化に向けて,製品・サービスや,ものづくり技術の高度化によってビジネスモデルを変革し,新たなお客さま価値を創出することを目指し,IoTやAIなどのICT技術を活用しています。このような企業姿勢と取り組みが評価され,今回の選定に至ったものと考えています。

<主な取り組み>

1.保守サービス事業拡大への取り組み

    IHIグループでは,リモートメンテナンス共通プラットフォームILIPS(※2)を活用し,製品のライフサイクル全般にわたるサービスの高度化に取り組んでいます。
 汎用ボイラ事業では,ILIPSで収集した稼働データや保守点検情報を活用した,新たな保守サービスの構築を進めており,現在,装置の見える化サービスを展開中です。また,サービスのさらなる高度化を目指し,AI/機械学習を用いた運転最適化による,燃料費を削減するシステム化に取り組んでいます。一方,これらを実現するためには,納入後一定の期間が経過し,レガシーシステム(※3)と化している制御装置の更新が必要であることから,IHIは,低コストで容易に既存装置からの置き換えが可能な,IHIグループ共通の制御プラットフォームCSIGS(※4)を開発しました。今後,納入済みの汎用ボイラに順次適用し,保守サービス事業の拡大を目指します。
   
2.生産性向上への取り組み
    IHIグループでは,橋梁・ボイラ・LNGタンクなどの,社会を支えるさまざまな大型構造物を製作しており,競争力強化のため,ICT技術を活用した生産性向上に取り組んでいます。
 大型構造物の強度に関わる溶接部の検査は,製品品質を確保するための重要な工程です。検査には,X線による非破壊検査法が用いられ,検査員がX線撮影画像を目視観察し,補修要否を判定します。従来は,数百枚にも及ぶ画像をランダムに観察・判定後に指示を出すことから,補修指示完了までには相当の時間を要していました。そこで,溶接欠陥の可能性が高い画像をAI/機械学習によって,あらかじめ選別し,それらの画像を優先的に観察することにより,集中的に補修指示を出すことが可能となりました。その結果,溶接の作業効率が向上し,溶接工場の革新的な生産性向上を実現しました。
   
 IHIは今後も,IoTやAIなどのICT技術の積極的な活用を通じて,ものづくり力の強化や,お客さまに提供する製品・サービスの付加価値向上に取り組み,技術をもって社会の発展に貢献するとともに,新たなお客さま価値を提供していきます。
【注釈】
(※1)
  
攻めのIT経営銘柄:
東京証券取引所に上場している業種(全33種)を対象に,経済産業省と東京証券取引所が共同で,経営革新や競争力の強化のために,ITの積極的活用に取り組んでいる企業を,「攻めのIT経営銘柄」として選定。
(※2)
  
ILIPS(アイリップス/IHI group Lifecycle Partner System):
設備にセンサーや通信機器をとりつけてデータ収集するとともに,クラウドにデータを上げて,リモートで保守サービス支援やデータ解析を可能とするIHIグループの共通プラットフォーム。
(※3)
  
レガシーシステム:
技術面の老朽化,システムの肥大化・複雑化,ブラックボックス化したシステム。現在,多くの企業では,IoTやAI等の技術を活用して新たなビジネスや付加価値を創出するに当たり,レガシーシステムが足かせとなっており,当該システムを刷新し,攻めのIT投資を積極的に行っていくための基盤を整えることが必要不可欠になっている。
出典:経産省ホームページ,http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/investment/keiei_meigara/keiei_meigara.html
(※4)   CSIGS(シーエスアイジーエス/Control System of IHI group Global Series):
制御・データ収集・蓄積・通信機能を一体に備えたIHIグループ共通の制御プラットフォーム。これを設備に設置することで,取得したデータを,M2MやインターネットによりILIPSへ容易に通信することが可能となる。

【参考画像】

・汎用ボイラ事業におけるサービス高度化

汎用ボイラ事業におけるサービス高度化
 
・AIの画像判定を活用した品質検査
AIの画像判定を活用した品質検査
 

【参考資料】

①  経済産業省ニュースリリース:
  http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180530004/20180530004.html

②  「攻めのIT経営銘柄2018」ロゴマーク:

参考資料
 



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。