ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ダイバーシティ推進の取り組み

ダイバーシティ推進の取り組み

基本方針

「人材こそが最大かつ唯一の財産である」という経営理念のもと,2013年に制定した「グループ人材マネジメント方針」では「ダイバーシティ」をキーワードの一つとして掲げています。

その目的は,多様な個性・価値観を有する一人ひとりが持てる能力を最大限に発揮できる職場をつくることで,多様な考え方を結びつけ,創造と革新を生み出す組織風土を醸成することにあります。創造と革新を生み出す組織風土は,「技術をもって社会の発展に貢献する」という経営理念の実現に不可欠の要素であり,IHIグループは経営戦略の一環としてダイバーシティ推進に取り組んでいます。

ダイバーシティには,性別,人種や国籍,障がいの有無,年齢,性的指向,宗教・信条,価値観,キャリアや経験,働き方など,様々な要素が含まれます。IHIグループはこれまで重点施策としてきた「女性」・「外国人」・「障がい者」・「高年齢者」を中心に,幅広くダイバーシティ推進に取り組んでいきます。

具体的取り組み

ダイバーシティ推進の具体的な取り組みについては、「Sustainability Report」に記載してありますので、ご覧下さい。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。