ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

中期経営計画

2016年度を初年度とする2018年度までの中期経営計画「グループ経営方針2016」の骨子を発表いたしました。本方針では、以下の経営目標を定めました。
 

img_01
2016年度実績
  • ※1ROIC:投下資本利益率。事業活動に投じた資金を使って、どれだけ効率的に利益を上げているかを示す財務指標。

     税引後(営業利益+受取利息・配当金)÷(自己資本+有利子負債)

  • ※2D/Eレシオ:負債資本倍率。財務の健全性を見る指標のひとつ。 有利子負債残高÷純資産
  • 経営目標の達成を目指し、新たなポートフォリオマネジメントの仕組みを導入します。
  • 資本効率(ROIC)と収益性(営業利益率)により事業を5つのミッション区分に分類し、区分に応じた経営資源配分を行います。

事業ごとのミッションの明確化

img_03

経営資源配分・事業の集中と選択の考え方

img_04

※27のSBUごとに戦略の方向性と定量目標を設定。ROICと営業利益率により5つに区分

その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。