ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

鉄構

防波堤・岸壁・護岸に使用されるケーソン、荷積み陸揚げ用の浮体式係船岸、沖合に浮かせて使用する浮消波堤、海岸浸食防止用の斜板堤、海底トンネル建設に使用する沈埋函など、鉄構と機械を組合わせた大型の鋼構造物などの分野で、IHIは多くの納入実績があります。鋼とコンクリートの特徴を兼ね備えたハイブリッド構造物にも力を注いでおり、すでにハイブリッドケーソンやハイブリッドポンツーン(浮桟橋)などを実用化しています。


ハイブリッドケーソン

鋼製ケーソン・ハイブリッドケーソン

沿岸域に、港湾・漁港の施設の一つとして、設置、配列することで、防波堤や岸壁、護岸となる構造物です。
鋼板と鉄筋コンクリートからなるハイブリッド構造で高強度、高耐久で、複雑な形状に対応できることが特長です。
工場で製作できるので長大化が可能な上、ケーソン製作の工程短縮に利点があり、IHIは多くの納入実績があります。

斜板堤

海岸浸食防止と海岸域の多目的利用を目的として,土木研究所と共同開発された大水深型有脚式離岸堤です。


浮消波堤

浮消波堤

沖合に浮かせて消波、防波を行います。海洋構造物技術に支えられたデザインが安定した性能を生み出しています。大水深・軟弱地盤の海域に対して、経済性・施工性で有効な防波堤であり、海水交流を阻害しない環境にやさしい構造物です。


浮桟橋

浮体式係船岸

高低差に関わらず、水面からの天端高さが一定で、船と岸壁の間の段差を解消できます。また杭係留なので浮体の動揺が小さく、荷積み陸揚げ作業もスムーズにできます。


沈埋函

沈埋函

海底トンネルを築造するための1エレメント(函体)であり、その大きさは曳航・沈設作業において支障のない大きさに分割されています。構造型式は、鋼コンクリート合成構造、鉄筋コンクリート構造等があります。(写真は鋼コンクリート構造)


合成床版

合成床版

IHI製の合成床版は、底鋼板、補強材の溝形鋼および頭付スタッドにより構成された、鋼・コンクリート合成構造の床版です。
合成床版は、床版の長支間化が可能です。また、底鋼板が型枠機能を兼用するため、現場工期短縮や施工性・安全性に優れています。


高架裏面吸音板・遮音板

高架裏面吸音板・遮音板

裏面吸音板は高架橋の下に併走する自動車からの発生音が桁裏に反射して沿道の騒音レベルが上昇することを抑える目的で、また遮音板は工事現場で発生する騒音を低減する目的で開発しました。


仮橋

仮橋(トライアス)

 トライアスは急速施行性・経済性に優れた汎用型組立橋梁です。
応急用橋梁としてどのような現場でも簡単に、しかも短納期に重車輌を通すことができます。
鈑桁タイプとトラスタイプがあり災害復旧用、工事用桟橋をはじめいろいろな用途に使用できます。

関連リンク

製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

その他の製品

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。