製品案内

沈埋函

海底トンネルを築造するための1エレメント(函体)であり、その大きさは曳航・沈設作業において支障のない大きさに分割されています。構造型式は、鋼コンクリート合成構造、鉄筋コンクリート構造等があります。(写真は鋼コンクリート構造)

    • 那覇港沈埋トンネル沈埋函(6号函)

    • 那覇港沈埋トンネル沈埋函
    • 【沖縄】2005年度(6号函製作完了)
      ※2010年トンネル完成
      那覇港沈埋トンネルは、那覇空港とのアクセスの強化、慢性的な幹線道路の渋滞緩和の目的で建設される海底トンネルである。本工事は沈埋トンネルエレメントのうち6号函を製作したもので、その大きさは幅36.7m×高さ8.7m×長さ90m、構造は鋼コンクリート合成構造(フルサンドイッチ構造)である。
    • 詳細画面へ
    • 大阪港夢州トンネル沈埋函(5号函)

    • 大阪港夢州トンネル沈埋函
    • 【大阪】2004年度(5号函製作完了)
      ※2009年トンネル完成
      大阪港夢洲沈埋トンネルは、臨海部の都市機能整備の一環として建設される海底トンネルである。本工事は沈埋トンネルエレメントのうち5号函を製作したもので、その大きさは幅35.4m×高さ8.6m×長さ103m、構造は鋼コンクリート合成構造(フルサンドイッチ構造、一部オープンサンドイッチ構造)である
    • 詳細画面へ
  • ------------------------------
    • 新・衣浦海底トンネル沈埋函

    • 新・衣浦海底トンネル沈埋函
    • 【愛知】1998
      「新衣浦海底トンネル沈埋函」は、1973年に開通した衣浦海底トンネルの交通量増大による渋滞緩和のため、それに並行して建設される海底トンネルのセグメントである。セグメントの大きさは、幅13.5m×高さ8.5m×長さ11.8mで、鋼とコンンクリートの合成構造物である。
    • 詳細画面へ
ページトップへ