事業紹介business Introduction

ドラム缶破砕システム

ドラム缶破砕システムは、産業廃棄物を封入したドラム缶を、そのままの状態で破砕処理し、焼却炉へ自動的に供給するシステムです。 処理能力は1時間当たり10~20本で、焼却炉の運転にあわせて24時間稼動が可能です。

日本国内で3施設の納入実績があります。

3つのポイント

1.優れた経済性

優れた経済性

多種多様な幅広い破砕物を対象とし、処理することができるシステムとして様々なお客様からのニーズを得ています。また発熱量の高いものを処理できるため助燃油代替が可能であり、大量処理を可能とし、処理費用を大きく軽減できる、経済性に優れたシステムといえます。

2.高い処理能力

高い処理能力01

1時間に10~20本のドラム缶を破砕する高い処理能力を持ち、また、ドラム缶以外の一斗缶からバラ物までさまざまな種類の産業廃棄物の処理が可能です。破砕したドラム缶と内容物を混練し性状を安定化させ、焼却炉への安定供給を可能とするため非常に効率のよいシステムとして好評を得ています。

高い処理能力02
高い処理能力03

3.安全で信頼のあるシステム

安全で信頼のあるシステム

ドラム缶の中身を開けずに処理を可能とするため、安全作業が可能です。また安全性を高める要素として破砕・混練・圧送まではすべて自動化されています。さらに爆発の危険性を回避するために設備内は窒素を充填し酸素濃度を4%以下にし、破砕処理を行っています。