IHI原動機事業

株式会社IHI



六本木エネルギーサービス

2003年4月に六本木ヒルズが21世紀の東京「文化都心」の拠点としてオープンいたしました。その中心である森タワーに弊社が納めさせていただいたIM400 IHI-FLECSガスタービンコジェネレーションシステムが6基設置されています。

六本木6丁目地域冷暖房 熱電可変型コージェネレーションシステム

六本木エネルギーサービス株式会社殿はこのガスタービンコージェネレーション(合計36,500kW)を用いて地区内の事務所棟、ホテル棟、劇場棟、住宅棟等に電気供給し、発電時の排熱や他の熱供給施設(蒸気吸収冷凍機合計66,810kW[19,000RT]、蒸気ボイラ合計89.4t/h)と併せて地区内の全建物に熱供給を行います。効率的なエネルギー供給により省エネルギー化、併せて環境負荷の低減が図られています。 また、このガスタービン発電設備は、デュアルフューエル対応しており、常用時はガスを燃料とし、防災時は灯油に切り替えて運転することができます。防災兼用機とすることでさらに電力の信頼性が高められています。

■導入ガスタービン

IM400
(ロールスロイス501KH5)
  スペック
機種  IM400 IHI-FLECS×6基
発電出力  36,540kW
燃料  都市ガス/灯油
運転開始  2003年
※常用非常用兼用機(3基)