IHI原動機事業

株式会社IHI



LM6000シリーズ

期待に応えるIHIのハイエンドモデル


LM6000はGE社製のジェット機用エンジンCF6-80(※)の転用形のガスタービンで、高い信頼性とクラス最高の発電効率による世界的ベストセラーを続けているガスタービンです。 ※CF6-80C2は航空機エンジンとして7650万時間の運転時間と99.97%のreliabilityを記録しています。

製品の詳細PDFはこちらへ

製品の特徴

1.世界最高クラスの発電効率
2.豊富な経験による高信頼性
3.航空機エンジン技術により急速起動停止が可能
4.ガス燃科、液体燃料の使用が可能
5.短期間での納入可能
6.低NOx型燃焼器の選択が可能
7.軽量・コンパクトかつメンテナンスが容易
8.SPRINTTM(出力増強キット)に対応可能

SPRINTTM(Spray Inter-cooled Turbine)SYSTEM の紹介

LM6000ガスタービンは回転数や温度、圧力など様々なパラメータによって制御されています。
その中の一つに圧縮機出口の空気温度があります。これは圧縮機からの抽出空気で高圧タービン系の冷却を行っているためで、冷却性能を考え圧縮機出口温度をしきい値以下にする必要があるからです。
例えば、吸気温度が高い時には、圧縮機出口空気の温度も高くなってしまいます。この時は燃料供給量を制限し圧縮機出口温度がしきい値を越えないように保持しますが、一方で出力も低下してしまいます。

SPRINTTM SYSTEMは低圧圧縮機(LPC:Low Pressure Compressor)及び高圧圧縮機(HPC:High Pressure Compressor)入口にて水を噴霧し、気化熱によって熱を奪うことで圧縮機出口温度を低下させます。

加えてSPRINTTM SYSTEMでは、さらに水を噴霧し温度をしきい値以下とし、燃料供給量を追加することでISOコンディションで12%、外気温度32℃で30%の出力増強を可能とします。


製品性能

シンプルサイクル性能

  LM6000PC LM6000PD
(Dry Low Emission燃焼器)
周波数 50Hz 60Hz 50Hz 60Hz
発電機端出力 42,290 kW 42,717 kW 40,520 kW 41,090 kW
発電機端効率 39.6% 40.0% 39.9% 40.3%

※使用条件:大気圧力:101.3kPa、吸気温度:15℃



100MW(LM6000PD×2基)コンバインドサイクル熱効率

周波数 50Hz 60Hz
発電端熱効率 51.3% 51.8%

※使用条件:燃料:都市ガス LHV:41.7MJ/Nm3 大気圧力:101.3kPa 吸気温度:15℃



コージェネレーション性能

機種 LM6000PD LM6000PH
発電端出力 41,400 kW 47,900 kW
燃料消費率 8.82 MJ/kWh 8.89 MJ/kWh
発電端熱効率 40.8% 40.5%
総合熱効率 82.9% 83.4%
NOx値(O2=16%) 21 ppm 13 ppm

※条件
吸気温度:15℃
大気圧力:101.3kPa
ボイラ給水温度:60℃
蒸気条件0.78MPaG飽和
※上記性能はNew&Cleanでの性能です。
※上記性能は予告なく変更する場合があります。



LM6000標準配置図/コンバインド(GT×2基ケース)


符号 名称
1 ガスタービン発電機
2 排熱回収ボイラー
3 蒸気タービン発電機
4 電気室/制御室
5 トランスヤード
6 ガスタービン用冷却塔
7 冷却塔
8 燃料ガス圧縮機
9 空気圧縮機
10 純水装置および上水供給装置
11 純水タンク
12 吸気冷却冷水用冷凍機