内定者座談会

内定者座談会

Member

  • 冨永 実沙[事務系]

    経済学部
    車両過給機SBUに配属予定

  • 作田 皓太朗[事務系]

    法学部
    人事部に配属予定

  • 中村 茉里香[技術系]

    システム統合工学専攻
    技術開発本部に配属予定

  • 桜川 陽平[技術系]

    電気情報生命工学科専攻
    プロセスプラントSBUに配属予定

  • IHIについて

  • 就職活動について

  • どのような経緯でIHIを知りましたか。そのとき、どんな印象を持ちましたか?

  • 冨永/私がIHIを知ったのは就活とは全然関係なくて、大学1年のとき、IHI本社のホールで「SPACEBALL」という新型プラネタリウムの体験イベントに友達と遊びに来たのがきっかけでした。帰る途中に1階にあるミュージアムへ寄ってIHIのことを知ったのですが、感想は「すごいものをいろいろ作っているんだなあ」「私には縁がなさそう」といった程度。そんな会社とこうしてご縁が生まれたのは、就職先を考え始めたとき、高い技術力で社会を支えていることに魅力を感じたのがきっかけでした。
    作田/私は家族がIHIのグループ会社に勤めていたので、社名は小さい頃から知っていました。ただ、「橋など大きなものを作っている会社」くらいの認識で、詳しく知ったのは就職活動を始めてから。幅広い事業を展開している会社だと知り興味が増しました。

  • 中村/大学で航空機のエンジンに使われる新材料の研究をしているのですが、就活を始めるまでIHIの名前は知りませんでした。夏にどこかのインターンシップに参加しようと思い、就職情報サイトに「飛行機」と入力して出てきたのが「IHI」。それでインターンシップに参加したところ、社員の人柄が良く、伸び伸びした雰囲気のある会社だと感じました。
    桜川/自分もIHIを知ったのは就活を始めてからです。大学で研究しているエネルギー関連で、ものづくりの会社を探していてIHIに出会いました。確か「就職四季報」だったと思います。その後、会社のホームページで事業内容を調べて、エネルギープラントや航空機エンジン、ロケットなど幅広い製品を手がけているのを知り、日本を重工業で支えているという印象を持ちました。

  • IHIへの志望度が高まったきっかけや理由を教えてください。

  • 中村/振り返ってみると、インターンシップへの参加がIHIへの志望度が高まるきっかけになったように思います。たまたま指導員が入社2年目の若い方で、その方自身も上司や先輩に教えを受けながら仕事に取り組んでいる様子でした。それが、すごく協力的な雰囲気で、働く場としての安心感がありました。また、部長自らIHIの歴史や航空機エンジンの設計についてレクチャーしてくれるなど、面倒見の良さを感じましたね。
    作田/自分は冬のインターンシップに参加したのですが、やはり職場の雰囲気の良さを感じましたね。もともとIHIへの志望度は高かったものの、インターンシップでさらに高まりました。
    桜川/特にきっかけというのもなく、エネルギー関連でいくつかの企業を見て自分に合わなそうなところを除いているうちに、結果的にIHIへの志望度が高まっていった気がします。

  • その後リクルーターの方にお会いして、仕事の内容を具体的に把握してからは第一志望になっていました。私は「海外で働ける」ことも就活の軸の一つにしていたのですが、リクルーターの方の話から、IHIのエネルギープラント事業ならその希望がかないやすいと感じました。
    冨永/私の場合もIHIへの志望度が高まったのは、リクルーターの方にお会いしてからでした。自分を理解してもらうには、ゼミでまとめた論文を読んでもらうのが一番だと考えて見てもらったんです。他の会社でも同じように見てもらっていたのですが、大体は「よくまとめたね」といった反応でした。ところがIHIのリクルーターの方からは「この検証に意味があるの?」など、鋭い指摘が飛んで来たんです。本気で向き合ってくれたのがうれしくて、IHIへの志望度がぐんと高まりました。

  • 最終的にIHIを選んだ決め手は?

  • 冨永/リクルーターの方に見ていただいた論文は、選考が進んだ本社面接でも出していました。その都度きちんと目を通して下さり鋭い指摘と質問が返ってきて、それが決め手になりました。
    中村/私も、リクルーターの方の話が決め手になりました。インターンシップは、大学の研究テーマから航空機関連の部署を経験させてもらったのですが、仕事の内容にどこかもやもやした気持ちが残ったんです。それが、就活が本格化してからお会いしたリクルーターの方からのお話ですべて解消。その方が技術開発本部の方で「部門や製品の垣根を越えていろいろな専門家と一緒にものづくりができる」と聞き、「私が求めていたのはそれだ!」と第一志望に決めました。
    作田/自分もリクルーターの方の接し方がうれしくて、それが決め手になりました。質問をたくさん用意してお会いしたのですが、時間内には全然聞き切れなくて。

  • 引き延ばすのは迷惑だろうと途中で切り上げようとしたのですが、「まだ聞き足りないんじゃないの?」と言われ、予定の倍以上の時間をかけて対応してもらえたんです。
    桜川/IHIのような会社だと、工場見学が決め手になったりしません? 自分も確かにリクルーターの方の話や人柄が決め手の一つになりましたが、工場見学で原子力発電の巨大なタービンや船のドックを見て、体がぞくぞくした。アタマだけでなくカラダが入社を決めたと言うか。
    中村/確かに。IHIを選ぶ人って、基本的にスケールの大きさには惹かれるんじゃないかな。しかも部品一つでもあんなに大きいのに、手作業が多いのには驚くし感動しますよね。
    冨永/「人間ってこんなすごいものを作り出せるんだ」って、工場を見ると本当に感動しますよね。

  • 入社したらどんなことを実現したいですか?

  • 作田/調達部門にするか最後まで迷ったのですが、ものを作るにも売るにも、お金を集めるにしても、すべては「人」だと考えて人事部を希望しました。働きやすい環境を整えれば皆さん頑張ってくれるだろうし、良い人材を採れば会社も良くなる。人事部の中にもいろいろな仕事がありますが、とにかく「人」を通じてIHIの成長に貢献したいと考えています。
    冨永/私が車両過給機を希望したのは、生活に一番近くて、日本の産業を支えている自動車との関連が深いからです。IHIの過給機の技術は欧米でも注目されているし、営業担当として、自分の関わったクルマが世界各地で走っているのを見るのが私の夢です。
    桜川/入社したらLNGなどのエネルギープラントの設計に携わることになると思うのですが、自分が設計したものが、組み立て、現地での据えつけ、稼働するまでを見届けたいです。

  • 海外のプロジェクトにも参加して、IHIの社名を世界中に広めたいと考えています。
    中村/私が技術開発本部を希望したのは、入社の決め手にもなったリクルーターの方の話で、いろいろな部門や製品に関われることに魅力を感じたからです。大学で研究してきたコンピュータのシミュレーション技術で、IHIのさまざまな製品の開発をサポートするのが当面の目標。また、シミュレーション技術自体の進化にも取り組めると聞いているので、技術開発でも成果を出したいです。将来、結婚して子供ができたとき「あれ、お母さんが関わった製品なんだよ」と話せたらうれしいですね。
    冨永/ものづくりの会社って、そういう夢が描けるのが良いんですよね。

Page Top