トップページ > 製品情報 > 分離機・脱水機 > ギナ連続遠心分離機

製品情報 ギナ連続遠心分離機

ギナ連続遠心分離機

ラインナップ紹介

  • N型

    N型

    高い処理能力を持つ汎用タイプ
    スラリ供給口が大きく、粗粒の固形物処理に適します。
  • HLS型

    HLS型

    1段洗浄+洗浄液分離型
    固体洗浄液と分離液を分離して回収する場合に使用します。
  • H型

    H型

    高バスケット形
    希薄なスラリー、粘性液の処理に適します。
  • HL2型

    HL2型

    2段洗浄形
    固体洗浄効果を上げるため、または2種類の洗浄液を用いて固体を洗浄したい場合に使用します。
  • HL型

    HL型

    1段洗浄形
    分離した固体に洗浄液を噴射して洗浄、さらに脱水します。
  • HL2S型

    HL2S

    2段洗浄形+洗浄液分離型
    2段洗浄後、分離液+洗浄液Ⅱと洗浄液Ⅰに分けて回収したい場合に使用します。

脱水能力に優れた遠心分離機

立型遠心分離機のギナ型連続遠心分離機は、機械上部からスラリーを供給。スラリー中の液体は遠心力を受けて高速回転するスクリーンのスリットを通過し、外側へ分離されます。一方固体粒子はスクリーンの内側に残り、回転体内部のスクレーパーにより、機械の下方へ排出されます。立型で、無理のない合理的構造となっており、バランスがとれた回転体で振動が少なく、据付スペースも少しでOKです。

ギナ連続遠心分離機の特長

  • スピーディーな処理
  • すぐれた脱水能力
  • 分離固体の洗浄が可能
  • 母液・洗浄液の分離回収が可能
  • 低振動・コンパクト設計
  • 完全密閉対応

ギナ連続遠心分離機基本構造

円錐形のケーシング内には、スクリーンをセットしたバスケットが設置されており、さらにその内側には、若干のクリアランスをもって、固体掻き取り用のスクレーパがセットされています。このスクリーンとバスケットは、一定の相対速度をもって同一方向に高速回転します。スラリーはケーシング上部から回転体の中に供給され、遠心力で分離された液体は回転体の外へ、分離された固体はスクレーパーによって回転体の外側に掻き出され機械下方の固形物出口から外部に排出されます。

稼動例