用語集

バイナリー発電装置

 バイナリー(binary)とは「二元」「二連」「二段」といった意味で、バイナリー発電システムとは、熱源を二段階(二つの熱サイクル)で変換して発電する仕組みを意味する。
バイナリー発電の方式は、温泉熱水や温泉蒸気を発電に利用する仕組みの研究開発から生まれた。従来の蒸気タービン発電システムでは温度が低すぎて利用できない温泉熱水や温泉蒸気を利用して、第一段階の予熱装置で低沸点の熱媒体を蒸発させ、第二段階の熱機関でその圧力を利用してタービンを駆動させ発電をおこなう方式である。
低沸点の熱媒体には、沸点が-33.35℃の液体アンモニアと水の混合液体、沸点が+27.84℃のイソペンタン、沸点が+15.3℃のハイドロフルオロカーボン245faなどを利用する。

最近の研究開発では、地熱の利用だけではなく、地熱以外の未利用排熱(例えば工場での排熱)を利用するシステムも登場している。



お気軽にお問い合せください

小型バイナリー発電装置についてのご質問・ご相談・導入について承ります。
Webフォームまたはお電話よりお待ちしております。


(株)IHI回転機械エンジニアリング バイナリー発電システムグループ
TEL:03-6703-0495
お問い合せ    カタログ請求
PAGETOP