用語集

系統連系技術要件ガイドライン

 系統連系とは自家用発電設備や電力会社以外の発電事業者が電力会社の配電線に連系して発電設備を運用することをいう。系統連系によって電力会社は自ら管理できない発電設備を自己の配電線網に取り入れることになるので、電力供給の安定性と質(電圧や周波数)の維持、そして系統運用の保安維持のために、系統連系にて自家発電設備等を運用する場合の技術要件をガイドラインとしてまとめた。

昭和51年にコージェネレーション等の自家用発電設備を対象としたガイドラインが定められて以降、風力発電、太陽光発電、燃料電池、その他各種の分散型発電設備、独立発電事業者の設備などを対象として様々な技術要件が整備され、ガイドラインは現在では複雑な内容になっている。

自家発電設備を系統連系にて運用しようとする場合の必携のガイドラインであるが、高度に専門化されているので、地方公共団体等の実務上は電力会社とメーカーとの協議に委ねることが多い。



お気軽にお問い合せください

小型バイナリー発電装置についてのご質問・ご相談・導入について承ります。
Webフォームまたはお電話よりお待ちしております。


(株)IHI回転機械エンジニアリング バイナリー発電システムグループ
TEL:03-6703-0495
お問い合せ    カタログ請求
PAGETOP