用語集

系統の容量(軽負荷、重負荷)

 電力会社の配電線には様々な電力の需要家が連系されているが、電力の使われ方は季節ごと、日々、そして時間ごとに変動する。電力会社は配電線の送電容量を電力需要のピーク+アルファで設定して運用している。送電容量は端的には配電線の太さで決まる。
 一般に本州では冬季の深夜には電力需要が年間でもっとも小さくなるので、このときの系統を「軽負荷」とし、夏季の猛暑日の日中の系統を「重負荷」であるとしている。
風力発電を系統連系しようとする場合、電力会社は軽負荷時の連系点での規定以上の電圧上昇に注目する。その恐れが予想された場合には解列を要請されることがある。



お気軽にお問い合せください

小型バイナリー発電装置についてのご質問・ご相談・導入について承ります。
Webフォームまたはお電話よりお待ちしております。


(株)IHI回転機械エンジニアリング バイナリー発電システムグループ
TEL:03-6703-0495
お問い合せ    カタログ請求
PAGETOP