用語集

系統連系保護装置

 系統に連系された自家用発電設備や独立電気事業者などの発電設備の異常によって、一般商用電力系統の安定性、安全性の維持が困難になることがないよう、系統連系装置に様々なリスク回避機能を持たせた装置を保護装置と呼んでいる。
 連系された発電設備の電圧の異常、周波数の異常、電流の異常、地絡の有無、その他様々なチェックポイントが保護装置として組み込まれているが、もっとも重要視されているのが「単独運転防止機能」である。配電線の保全工事などで停電している場合、自家用電源が稼動しその電力が配電線に流れると保全作業員が危険に晒される。こうした事態を未然に防ぐ機能も保護装置に含まれる。



お気軽にお問い合せください

小型バイナリー発電装置についてのご質問・ご相談・導入について承ります。
Webフォームまたはお電話よりお待ちしております。


(株)IHI回転機械エンジニアリング バイナリー発電システムグループ
TEL:03-6703-0495
お問い合せ    カタログ請求
PAGETOP