用語集

系統の自己制御性

 系統に流れている電力の供給と需要は基本的には同時同量でなければならないが、実際は完全に同時同量とはならず、絶えず変動をしている。にもかかわらず系統は安定している。その理由は、供給にたいして需要がオーバーすれば電圧が下がり、需要サイドでの消費電力が下がって需要のオーバー分は小さくなる。逆に供給がオーバーすれば、需要機器に入る電圧が上昇して消費電力が増え、供給とのギャップは小さくなる。現実には周波数の変動や無効電力の発生など複雑な要因が働くが、系統にはこのように需給ギャップを自己制御する機能がある。



お気軽にお問い合せください

小型バイナリー発電装置についてのご質問・ご相談・導入について承ります。
Webフォームまたはお電話よりお待ちしております。


(株)IHI回転機械エンジニアリング バイナリー発電システムグループ
TEL:03-6703-0495
お問い合せ    カタログ請求
PAGETOP