お客様導入事例|オガワエコノス様

ゴミ焼却炉の焼却熱による発電

株式会社オガワエコノス様

広島県 株式会社オガワエコノス様

広島県府中市にあります、株式会社オガワエコノス 本山工場様は、一般廃棄物、産業廃棄物の収集運搬及び中間処理・再生などを事業とされています。
そのためごみ焼却の際に発生する熱エネルギー(高温水)の活用をご検討されていました。弊社の小型バイナリー発電装置を導入されたことで、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用して発電し、サーマルリサイクルを実現されています。

ご導入までのプロセス


導入背景

・ごみ焼却熱として排出される高温水の有効利用をご検討されていました。
・高温水の利用方法として発電を考えていたが、蒸気タービン発電を行うほどの排熱量は無いため、他の発電方式を探していました。


導入によるメリット

・ごみ焼却熱(高温水)を利用し発電することで、サーマルリサイクルを実現しました。
・発電した電気を自社工場で消費することで、省エネやCO2の削減を実現しました。


IHIの納入範囲と設置状況

  • バイナリー発電装置HR20W-20A型 1台

焼却熱による発電フロー

焼却場発電

関連情報

お気軽にお問い合せください

小型バイナリー発電装置についてのご質問・ご相談・導入について承ります。
Webフォームまたはお電話よりお待ちしております。


(株)IHI回転機械エンジニアリング バイナリー発電システムグループ
TEL:03-6703-0495
お問い合せ    カタログ請求
PAGETOP