ページの先頭です

IHI Realize your dreams

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

トップメッセージ

社会貢献のDNAを持って,社会から選ばれ続けるIHIグループをつくり上げます。 代表取締役社長 最高執行責任者 井手 博

IHIグループは,「社会とお客さまの課題にお客さまと共に真正面から取り組み,新たな価値を創造する」を長期視点での目指す姿とし,持続可能な社会の実現に貢献することを宣言しました。その実現において,当社の最も重要な経営資源は,「技術」と「人材」です。160年以上の歴史の中で培ってきた技術力や人の力,そしてお客さまとの関係性は,大事にしなければいけない基盤です。

企業の活力の源として欠かせない「人材」については,多様化が進む社会を見据え,どのように育成していくのか,採用の方法はこのままでいいのか見直しています。また,グローバル社会に豊かさと安全・安心を提供する当社にとって,多様性を受け入れ組織の中で活かすこと,すなわちダイバーシティ&インクルージョンは非常に重要なテーマです。なぜなら,何に「豊かさ」を感じるかは,国や地域,個人によってまったく異なる価値観だからです。画一的な人種・性別・年代で構成された組織が,果たしてそれを提供することができるでしょうか。答えは「NO」です。

「技術」をもって社会の発展に貢献することは,変わらない私たちの経営理念であり社会的使命です。変化のスピードが加速する中においては,いかに速く社会の要請に応えられるかが重要になってきます。自分たちの強みである技術を研ぎ澄ましてどう活かすか,誰とパートナーシップを組むのがよいのか。自前主義にこだわらず柔軟に,技術についての考え方も変えていかなければなりません。

加えて, リスクマネジメントの観点から,三現主義に基づく品質保証・安全・コンプライアンスの強化に取り組んでいます。三現主義は「現場・現物・現実」を重視した行動であり,私たちのビジネスのすべての出発点です。リスクを適正に管理していくためには,正しい危機感を持つことが重要です。経営層から一方的に危機感を説いても,現場は具体的なリスク要因を想像できず,不安が先行してしまうでしょう。だからこそ,従業員との対話を通じて,そのギャップを埋める機会を継続して持ちたいと思っています。

IHIグループには,創業以来,社会の発展と共に産業や社会のインフラの構築に尽力してきた歴史があります。今もそのDNAは脈々と受け継がれており,災害時のインフラ被災には何を置いても駆けつけるなど,社会と共にありたいと願う風土が根づいています。これは,従業員一人ひとりの真摯な取組みの積み重ねで形成されてきた当社の強みであり,一朝一夕にできることではありません。

新たな道を拓く経営者として,従業員と共に唯一無二のDNAをつなぎ,社会から選ばれ続けるIHIグループをつくり上げていくことに,全力を注いでいきます。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。