トップ ≫ 製品紹介 ≫ デュアルフューエルエンジン ≫ X-DFエンジンを支える技術

製品紹介 > デュアルフューエルエンジン > X-DFエンジンを支える技術 

- 動作原理 -

動作工程

1. 燃料ガス噴射
ガス噴射弁をシリンダーライナー壁に設け、掃気ポートから流入した空気が既燃ガスを上方へ押し出しながらガス弁位置よりも高い位置に到達した時期に燃料ガスを噴射する事によって、排気ガスと燃料ガス(予混合気)の間に空気の層を形成させます。それにより燃料ガスと高温の既燃ガスとの直接接触にともなう不正着火を防止できると同時に、燃料ガスの噴射時期を適切に調節する事で、予混合気がそのまま流出されてしまう未燃ガスの排出も低減します。また、本方式はピストン圧縮によって燃焼室内圧力が上昇する前に、燃料ガスの噴射を完了するため、燃料ガスを高圧にする必要がなく、低圧での噴射を可能にしています。

 

2. 着火&燃焼
NOx低減のためには希薄な予混合気を燃焼させる事が必要となりますが、希薄予混合気は着火し難いという特性があります。そこで、上死点近傍で極微量の液体燃料を噴霧することにより、希薄予混合への安定した着火を実現させています。


- X-DFエンジンを支える技術 -

1. X-DFエンジンの構造

DF構造

燃料ガス配管、ガス噴射弁などガス焚きに必要な部品を追加装備することによりX-DFエンジンは実現します。機関の外形寸法は、通常の重油焚きエンジンと同じです。

 

2. パイロット燃料噴射

パイロット噴射

・ディーゼルモード用の液体燃料噴射弁の他にパイロット燃料噴射弁を設置

・液体燃料油、サーボ油と同様、コモンレールテクノロジーを採用

・噴射量はわずか1%(R1最高出力時における投入エネルギー量に対する割合)

・予燃焼技術を採用し、安定した燃焼とNOx排出量を削減

 

3. ガス噴射弁「GAV」

GAV

・シリンダーライナー壁面にガス噴射弁を装備

・ガス噴射弁は、排気弁駆動と同じサーボ油で駆動

・二重ガス配管による安全性の確保

 

4. エンジン制御システム「UNIC」

UNIC

・4ストローク型DFエンジンで豊富な実績のある「UNICシステム」を採用

 

・ガス運転のみならず重油運転でも全ての基本的な制御を一つのシステムで完結

 

・ノッキングや異常燃焼をシリンダー毎に制御

 

・ガバナー機能を制御モジュール「UNIC」内に統合

 

5. ガスバルブユニット「GVU」            *オプションユニット

GVU

・エンジンのガス供給に必要な圧力調整弁/遮断弁やフィルターなどを1ユニットに統合

 

・シンプルでコンパクトなオールインデザイン

 

・圧力容器に内蔵されており、主機とともに機関室内に設置可能

 

 

 

 

お問合せはこちら

 

 


ページトップへ