トップ ≫ 製品紹介 ≫ 高機能機器・部品 ≫ MF-Detector

製品紹介 > MF-Detector

MF-Detector(導体片検知センサー)

MF-Detector本体 1. 潤滑油などの流体中の導体片(銅、アルミニウム、ホワイトメタルなど)を検知するためのセンサーです。
2. 鉄粉計では検知困難なすべり軸受け部材の異常を早期に発見することが可能です。
3. TF-Detector(高分解能磁性粉濃度測定装置)と併用することで、磁性材料を使用した箇所の摺動状態を把握しながら、軸受け部の状態を計測すれば、より高精度に対象機器の状態を把握できます。
【 MF-Detector 本体 】

MF-Detectorを適用できる機器類 および 導体片の例

各軸受け部分の早期異常検知 導体片の例
潤滑油ポンプなどの異常検知
増減速ギアボックス
TF-Detector(高分解能磁性粉濃度測定装置)と併用するとさらに効果的です。
【 導体片の例 】

MF-Detectorの性能

・銅、アルミニューム、ホワイトメタルなどの微小導体片を検知可能。
・気泡の混入があっても、少量であれば誤検知しません。
・0.4mm程度の導体片を検知できます。(材質・形状により若干の差異があります)
・電気抵抗の小さな材質をより高感度に検知できます。
・導体片の大きさ(Large,Middle,Small)別にカウントします。
・一定時間あたりのカウントに基づき、警告・警報信号を出力します。(接点信号)
・時間間隔、サイズごとのカウント数閾値は、任意に設定可能です。
・電源は、DC15V~24Vです。
MF-Detector モニター
【 MF-Detector モニター 】

*MF-Detector(導体片検知センサー)は、本体センサーとモニターのセットでの販売となり

    また記録機能付きのモニターはオプション仕様です。


お問合せはこちら

ページトップへ