日本語英語 サイトマップ
ニュース

2002年ニュース一覧

2002/09/25
ISO14001認証取得

(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースは、昨年から環境マネジメントシステムのプログラムに取り組み、今年5月に BVQi(審査登録機関)からISO 14001に基づく認証を受けました。
当社は、環境マネジメントシステムへの取り組みを、これまで以上にシステマチックに行い、事業活動のあらゆる分野で環境汚染の防止、環境負荷の軽減に努めてまいります。

2002/09/17
H-ⅡA-3号機によるUSERS打ち上げ

 H-ⅡA ロケット3号機が、10日午後 5 時20分、種子島宇宙センターから紺碧の空に打ち上げられ2つの衛星を軌道に投入することに成功しました。 衛星の一つ次世代型無人宇宙実験システム( USERS「ユーザーズ」)は、(財)無人宇宙実験システム研究開発機構( USEF )の開発した実験衛星で、宇宙空間の微小重力を利用し良質の超電導材料の製造実験を行い、その材料を地上で回収することを目的としています。
平成15年の5月には、材料を載せた再突入モジュール( REM Re-Entry Module )を USERS 母船から切り離し、大気圏に再突入させて小笠原諸島近くの洋上で回収する予定です。
(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースは、H-ⅡAの左右に取り付けられた固体ロケットブースター ( SRB-A ) や、ロケット分離用等の火工品および USERS の再突入モジュールの設計・製造を担当しH-ⅡAロケット3号機の打上げ成功に貢献しました。

2002/07/07
スターメールプロジェクト立ち上げ

(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースは、この度、世界16カ国共同で建造中の国際宇宙ステーションを利用した世界初のメッセージ配信サービス事業(スターメール・プロジェクト)を新ビジネスとして立ち上げました。

2002/07/05
航空宇宙フェア2002 in Taiki 出展

6月30日(日)から7月7日(日)まで、北海道大樹町で行われている『 航空宇宙フェア2002 in Taiki 』において、(株)アイ・エイチ・アイ・ エアロスペースは、M-Ⅴロケットの1/15模型を展示しています。

2002/05/26
地球惑星科学関連学会2002年合同大会出展

(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースは、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催している「地球惑星科学関連学会2002年合同大会」(5月26日~31日)に、LUNAR-A プロジェクトで用いられるペネトレータを展示して います。
ペネトレータは、震度計と熱流量計を搭載した月探査装置で、 月を周回するLUNAR-A(月探査衛星)から投下され月の表面 に突入した後、約一年間に渡り月面の揺れや温度などを計測 するものです。
また、ペネトレータの技術は、活動が活発となり人が近づけな くなった火山付近を観測することにも応用でき、無人ヘリコプ ターを使った火山投下式観測装置としての開発も進めています。

2002/02/07
S-310-30号機打ち上げ

文部科学省宇宙科学研究所のS-310ロケット30号機が6日、鹿児 島宇宙観測所から打ち上げられ、大気の成分観測を行いました。 全長7.8m、重量800㎏、直径31㎝のS-310-30号機は、高度140㎞ まで上昇し、ロケットの先端に取り付けられた計測器を用いて高空 の窒素振動温度などを測定しました。 S-310のSはSounding(観測) を意味し、数字の310はロケットの直径を表しています。
(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースは、S-310をはじめ、S-520、 SS-520(2段式)、MT-135などのロケットを製造し各種の科学観測 に貢献しています。

このページのトップへ