日本語英語 サイトマップ
ニュース

2007年ニュース一覧

2007/09/14
H-ⅡA-13号機打ち上げ

H-ⅡAロケット13号機は、H19年9月14日午前、種子島宇宙センターから打上げられ、月探査衛星かぐやを予定どおりの軌道に投入しました。
(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。 また今回は衛星推進系も担当しており、かぐやのミッション遂行に貢献することが期待されます。

2007/06/17
パリエアショー

世界最大のエアショーであるパリエアショーがパリ郊外のルブルジェ空港で6月17日から24日まで開催され、(株)IHIエアロスペースは海外で需要のある450N衛星用アポジエンジンの模型やスラスターのパネルを展示しました。

2007/02/24
H-ⅡA-12号機打ち上げ

H-ⅡAロケット12号機は、H19年2月24日午後、種子島宇宙センターから打上げられ、情報収集衛星2機(レーダ2号機および光学3号機実証衛星)を軌道投入することに成功しました。
(株)アイ・エイチ・アイ・エアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。

2010/01/16
S-310-37号機打ち上げ

1月16日午前11時20分、S310ロケット37号機(全長約8m、重さ約0.8t)が宇宙航空研究開発機構内之浦宇宙観測所から打ち上げられました。
今回の打ち上げの目的は、下部電離圏の高温度層生成メカニズムの解明です。 搭載された電子温度測定器により高度99~101kmに高温度層が存在していたことが確認されました。 この日の実験では59秒後に開頭が行われ、ロケットは184秒後に最高高度138kmに達し、全ての観測を終えて、その後内之浦南東海上に落下しました。
(株)アイ・エイチ・アイエアロスペースはS-310ロケットの製造・開発全般に携わりました。

このページのトップへ