日本語英語 サイトマップ
ニュース

2014年ニュース一覧

2014/12/03
H-ⅡA26号機打ち上げ

H-ⅡAロケット26号機は、H26年12月3日13時22分04秒、種子島宇宙センターから打上げられ、小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)を予定通りの軌道に投入しました。
(株)IHIエアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。
また、「はやぶさ2」に搭載されている再突入カプセルや小惑星内部の試料を採取するための衝突装置の開発にも携わりました。

2014/11/13
緑化優良工場等関東経済産業局長賞受賞

IHIエアロスペース富岡事業所が、平成26年度緑化優良工場等関東経済産業局長賞を受賞しました。 本賞は、工場の緑化を積極的に推進し、工場内外の環境整備に顕著な功績のあった工場等を表彰するもので、本年度は当社をはじめ関東経産局管内の3工場が受賞しました。
当社富岡事業所は、周辺自然林と敷地内植栽の調和、農薬を殆ど使わない緑地管理、そしてロケット祭りや少年野球大会の開催等を通じた地域社会への貢献を高く評価いただき、群馬県の推薦をいただいて、今回の受賞が決定したものです。

2014/10/07
H-ⅡA25号機打ち上げ

H-ⅡAロケット25号機は、H26年10月7日14時16分00秒、種子島宇宙センターから打上げられ、「ひまわり8号」(Himawari-8)を予定通りの軌道に投入しました。 (株)IHIエアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。

2014/09/18
【お知らせ】会計検査院殿の報告書に対する当社の見解

本日、会計検査院殿から表示された意見につきまして、当社は自らが健全性を示すことが重要であると判断し、 昨年度実施の会計検査院殿による実地検査以降、既に社内においては改善作業を進め、管理水準の向上と 社内啓蒙活動を行ってまいりました。当社は防衛省殿の契約企業として、今後とも会計検査院殿や防衛省殿の 改善要望などに対し、真摯に対応していく所存であります。

2014/09/06
富岡事業所ロケット祭り開催

毎年、富岡事業所で年1回開催している富岡事業所オープンデイ“富岡ロケット祭り”を9月6日に開催しました。当日は雨を心配していましたが、晴天で多少風もあるさわやかな絶好のお祭り日和となり、約3,000名の方に来場頂きました。
今年は恒例の『ペットボトルロケット教室』、『モデルロケット教室』、『大型ペットペットボトルロケット打ち上げ』の他に、イプシロンロケット初号機打ち上げ一周年を記念した、2.5分の1サイズのイプシロンロケットモニュメント除幕式を群馬県のマスコット 「ぐんまちゃん」や「お富ちゃん」、「まゆーゆ」と一緒に行い、にぎやかに盛り上がりました。

2014/08/17
S-520-29号機打上げ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「スポラディックE層空間構造の立体観測」を目的とした観測ロケットS-520-29号機を2014年8月17日19時10分00秒(日本時間)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角80度で打ち上げました。打ち上げ後55秒でノーズコーン開頭後に測定を開始し、上昇時には高度97km、下降時には高度100㎞にスポラディックE層の存在を観測しました。ロケットの飛翔および搭載された実験装置の動作は正常に行われ、打ち上げ後249秒で最高高度243kmに達し、553秒後に、内之浦南東海上に落下しました。
(株)IHIエアロスペースはS-520ロケットの開発・製造、及び打ち上げ作業(JAXA支援)を担当しました。

2014/08/04
S-310-43号機打上げ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「ロケット慣性飛行中の二相流挙動及び熱伝達特性の観測」を目的とした観測ロケットS-310-43号機を2014年8月4日23時00分00秒(日本時間)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角79度で打ち上げました。ロケットの飛翔および搭載された実験装置の動作は正常に行われ、打ち上げ後169秒で最高高度117kmに達し、335秒後に、内之浦南東海上に落下しました。
(株)IHIエアロスペースはS-310ロケットの開発・製造、及び打ち上げ作業(JAXA支援)を担当しました。

2014/07/24
富岡事業所ロケット祭り

今年で第17回となります恒例の『富岡ロケット祭り』を、今年も下記の通り開催いたします。

日時:2014年9月6日(土) 12:00~15:20
会場:㈱IHIエアロスペース 富岡事業所構内 (群馬県富岡市藤木900番地)
内容:各種イベント、模擬店など

ご注意
1. 会場内は所定の場所以外禁煙です。
2. 立ち入り禁止区域には注意ください。
3. お車を運転される方には、酒類の提供を行いません。
4. 駐車場には限りがありますので、なるべく乗り合わせてご来場ください。

2014/05/24
H-ⅡA24号機打ち上げ

H-ⅡAロケット24号機は、H26年5月24日12時05分14秒、種子島宇宙センターから打上げられ、陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)を予定どおりの軌道に投入しました。
(株)IHIエアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。また、「だいち2号」の推進系コンポーネントの製作、組立にも携わりました。

2014/02/28
H-ⅡA23号機打ち上げ

H-ⅡAロケット23号機は、H26年2月28日3時37分、種子島宇宙センターから打上げられ、地球上の降雨状況などを詳細に観測する全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)を予定どおりの軌道に投入しました。
(株)IHIエアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。

2014/01/06
イプシロンロケットが「2013年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日本経済新聞賞」を受賞

宇宙航空開発研究機構(JAXA)が開発、うち機体システムの開発および製造を当社が担当した イプシロンロケットは、このたび日本経済新聞社が主催する2013年日経優秀製品・サービス賞 (第32回)において、以下のとおり受賞しました。

賞     名:2013年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日本経済新聞賞 受賞対象製品名:新型固体燃料ロケット「イプシロン」

日経優秀製品・サービス賞2013については、下記の日本経済新聞電子版をご覧ください。 http://www.nikkei.com/edit/news/special/newpro/2013/

【日経優秀製品・サービス賞とは】
毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを日本経済新聞社が表彰するもので、1982年に 「日経・年間優秀製品賞」として始まり、1987年(第6回)から現在の名称に変更。 今回で32回目を迎える。ノミネートは公募によらず、日経が独自に9月から11月にかけて候補となる製品・サービスを選定、年末の審査委員会で40点前後の受賞製品・サービスを決定する。

このページのトップへ