ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

Spanish Egyptian Gas・ダミエッタ(エジプト)向けおよびShell/Hazira LNG社(インド)向けLNGボイルオフガス(BOG)レシプロ圧縮機5基を連続受注 ~国内外向けLNG-BOGレシプロ圧縮機の受注実績は累計130基以上に~

-2003年05月07日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)はこのほど、Spanish Egyptian Gas(本社:スペイン。以下「SEGAS」)のダミエッタターミナル(エジプト)向けに3基、Shell社(本社:フランス)出資によるHazira LNG社(インド)向けに2基のLNGボイルオフガス(BOG)レシプロ圧縮機を連続受注しました。契約範囲はそれぞれFOBおよび調整指導員派遣です。稼動開始時期は、SEGAS・ダミエッタターミナル(エジプト)向けが2004年5月、Hazira LNG社(インド)向けが2005年2月の予定です。

 LNG-BOGレシプロ圧縮機は、LNGタンクから発生する超低温のボイルオフガスを回収・圧送、LNGタンクの内圧を一定レベルに保持する設備です。IHIのLNG-BOGレシプロ圧縮機は、国内市場は独占状態、海外市場では約8割(世界トップクラス)のシェアを誇っていますが、今回の連続受注で、国内外合わせた受注実績は累計130基以上になりました。ここ数年では、フランスガス公社向けに3基、イタリアのスナム社から3基、韓国ガス公社向けに9基、ギリシャのガス供給公社のDEPA社向けに2基受注するなど、着実に海外展開を図ってきました。このような豊富な実績から、IHI製品の性能の高さ、信頼性などが高く評価され、上記連続受注に至りました。

 IHIでは今後も、スイス、フランスの世界2大競合メーカーに対して実績でさらに差を付け、国内市場に加えてLNG基地の建設計画が多い海外市場で、LNG-BOGレシプロ圧縮機を拡販すべく、積極的な営業展開を図っていきます。

<概略仕様>

1.SEGAS(エジプト)向けLNG-BOGレシプロ圧縮機
容     量 毎時18,000kg×3基
ガス吸入温度 マイナス155℃
吐 出 圧 力 34.5barA
  *容量ベースでは現時点で世界最大の超低温LNG-BOGレシプロ圧縮機です。
   
2.Hazira LNG社(インド)向けLNG-BOGレシプロ圧縮機
容     量 毎時8,800kg×2基
ガス吸入温度 マイナス150℃
吐 出 圧 力 9.5barA
  *Shell社の仕様を適用して設計・製作されます。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。