ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

商船三井向け大型コンテナ船が完成 ~4,500個積みパナマックス型~

-2003年6月25日-

プレスリリース

 アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU)は、6月25日(水)、横浜工場(横浜市磯子区)にて4,500個積み大型コンテナ船『エムオーエルMOL エンデバーENDEAVOR』を完成させました。
 本船は、株式会社 商船三井(本社:東京都港区、社長:鈴木邦雄氏)向けに建造している同型船4隻のうちの第2番船で、パナマ運河を航行できる最大船型のパナマックス型と称されるコンテナ船です。

 本船は、燃料油流出リスクを軽減するために、船底部分の燃料タンクの容量を減少させ、その分の燃料タンクを別に設けるなどの設計の工夫を商船三井と共同で行いました。
 引き渡し後は、主に極東~北米間のコンテナ輸送に従事する予定です。 
 IHIMUは、今後、横浜工場にて引き続き2隻の同型コンテナ船を建造する予定です。

 
<主要目>

全    長 294.13 m
32.26 m
深     さ 21.80 m
吃     水 12.00 m
総 ト ン 数 50,000トン
主 機 関 DU-SULZER 9RTA96C型 ディーゼル機関 × 1基
速    力 24.5ノット(航海速力)
船    級 日本海事協会(NK)
船    籍 パナマ
起    工 平成14年 6月5日
進    水 平成15年 2月15日
完    工 平成15年 6月25日




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。