ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

中国 上海の外高橋石炭火力発電所向けに排煙脱硫設備を受注

-2003年11月20日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)は住友商事株式会社(取締役社長:岡素之、以下住友商事)と共に、中国上海市電力公司向けに外高橋石炭火力発電所(既設プラント、上海、300MW×2基)用石灰石石膏法排煙脱硫設備一式(エンジニアリングを含む全設備及び据付/試運転技術監督者派遣)を受注しました。受注金額は日本円で約40億円。本件は上海地区における初の本格的な排煙脱硫システムであり、IHIおよび住友商事にとって本格的な排煙脱硫装置の中国向け初受注となります。納期は2004年12月および2005年3月の予定です。
 IHIは上海石川島脱硫工程有限公司(上海電気集団とIHIの合弁会社)を有しており、今回はその上海の合弁エンジ会社を活用し中国調達の最大化を図る予定です。
 また、資金は世界銀行がその借款手順に基づき入札~契約履行までを管理しますが、本件に使われる資金源は国際協力銀行の協調融資部分が充てられます。

 中国では、現在沿海地区の新規の石炭火力発電所には脱硫設備を装備する事が義務付けられています。最近環境保護法が改正され、2年後にはSOxの排出量に対する罰金が現行の約3倍に引き上げられる事になっており、脱硫設備の需要は更なる拡大が予想されます。  
 総量規制の枠内に納める為、本設備では外高橋第Ⅰ期発電所2基のボイラから排出するSO2濃度を37mg/Nm3(13ppm)以下に低減するように設計しています。今後も中国においては本格的な環境規制が発動される見込みで、更なる受注拡大が期待できます。

 IHIでは、中国脱硫市場拡大を見込み、2000年4月に上海に脱硫エンジニアリング会社である上海石川島脱硫工程有限公司(SIDEC)を設立し、同社の技術を統括する副総経理(副社長)として設立当初より主任エンジニアを派遣しています。中国側の合弁パートナーである上海電気集団は、上海地区最大の重電機グループです。現在、SIDECでも内資案件の営業活動を行っており、上海地区における受注が有望です。今後も内資案件においてIHIはSIDECを支援し同社を通じ排煙脱硫設備の販売に注力していきます。

 なお、IHIは海外向けとして台湾電力社向けに2発電所、シンガポール・セラヤ電力社向けに1発電所の排煙処理装置を受注しており、豊富な国内の実績を基にこの分野でのパイオニアとなっています。

<主な海外向け排煙処理設備受注実績>
1998年12月 台湾電力公司・興達発電所3,4号機(55万kW×2)用石灰石石膏法排煙脱硫装置2基
2000年7月 台湾電力公司・台中発電所9,10号機(55万kW×2)用石灰石石膏法排煙脱硫装置2基
(2002年2月) (台湾電力公司・興達3,4号機(55万kW×2)用排煙脱硝装置2基)
2003年5月 シンガポール・パワーセラヤ社セラヤ第一発電所(25万kW×3基)用
    石灰石石膏法排煙脱硫装置1基
     

 ※中国上海市電力公司(Shanghai Municipal Electric Power Company)
 ※上海石川島脱硫工程有限公司(SEC-IHI Desulfurization Engineering Co., Ltd.)




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。