ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

エネルギー・環境ソリューションをテーマにエネルギーシンポジウムを開催

-2003年5月22日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)は、エネルギー・環境ソリューションをテーマとしたIHIグループ単独の展示会・セミナー「IHIエネルギーシンポジウム 2003」を5月30日(金)に横浜事業所(横浜市磯子区、所長:若林知行)で開催します。

 このシンポジウムは、分散電源やゼロエミッション関連他のIHIグループが持つ多様な技術・製品を、化学、石油、紙・パルプ、繊維、自動車、自動車他の様々なユーザーに広く知っていただくために開催するものです。このように分散電源・ゼロエミッションをテーマにプライベートシンポジウムを開催するというのは他では行われていない新しい試みです。

 シンポジウムでは、IHIエネルギーソリューション事業推進部が扱う新エネルギーおよびゼロエミッション関連の製品とビジネスモデルの紹介を中心に、他にも本年2月に設立した新潟原動機、石川島プラント建設、石川島検査計測他のIHIグループが一体となり製品の展示およびセミナーを行います。来場者には必要な項目を自由に聴講、見学していただくことによりIHIグループについて理解を深めていただき、またIHIとしてもユーザーの抱える様々な問題について情報を得る機会となることを開催の目的としています。
 また、水素社会の実現に向けて国をあげて取り組んでいるアイスランドの現状について、駐日アイスランド大使よる『アイスランドの水素社会への取組とその背景』についての記念講演も企画しています。

 IHIは、『エネルギー・環境ソリューションビジネス』を注力事業の一つとし、IHIグループが有する様々な技術・製品・ノウハウを総合的に結び付けて、客先のニーズや問題などに対し、ビジネスモデルからシステム・装置に至る最適なソリューションの提案・実現に取り組んでいます。

 今回のシンポジウムでは約300人の来場を見込んでいます。これによりIHIでは顧客の間口を広げ、これらの事業において受注の拡大を図っていく計画です。

 なお、シンポジウムの概要は添付の通りです。

<IHIエネルギーシンポジウムの概要>

1. 開催日時:5月30日(金)9:30~17:00
2. 場 所:IHI横浜事業所ゲストハウス内(横浜市磯子区新中原町1)
  事務局連絡先:電力営業部 TEL.03-3244-5327
3. 展示/セミナー開催製品・システム(セミナーは各15分、午前/午後各1回開催)
   〇再生サイクルガスタービンによる有機溶剤(VOC)処理システム(新潟原動機)
 〇高効率ガスエンジンによるバイオマス混焼システム(新潟原動機)
 〇IHIガスタービンプラントの最新技術とラインアップ
 〇蓄熱・熱輸送システム
 〇有機性廃棄物処理システム
 〇風力発電設備
 〇燃料電池
 〇世界最小の携帯用ガスタービン発電機“ダイナジェット2.6”(IA)
 〇家庭用燃料電池への取り組み(ISM)
 〇循環流動層ボイラ
 〇大型発電設備を主軸としたソリューション提案
 〇ボイラ保守技術と検査技術
4. 記念講演(5月30日(金)13:00~14:00、於:IHI横浜事業所内ゲストハウス)
  テーマ:『アイスランドの水素社会への取組とその背景』
 講演者:駐日アイスランド全権大使 インギムンドル・シグフースソン氏
5. 工場、製品見学(約1時間)
 
(1) 工場見学
温度成層風洞実験場
原子炉圧力容器
耐震試験装置
循環流動層ボイラ試験装置
 
(2) 製品見学
水熱装置
IM400(横浜事業所ガスタービン発電所)
ICリアクター
IHI直接過冷却氷蓄熱システム



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。