ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

若洲海浜公園に大型風力発電施設他が完成

-2004年3月26日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)は、東京都江東区から受注し建設していた単機定格出力1,950kWの大型風力発電施設および環境学習施設がこのほど完成しました。
 
 完成した施設は、若洲海浜公園内の多目的広場(東京都江東区若洲)に風力発電施設と環境学習施設、江東区役所2階ロビーの風力発電の説明用設備からなり、風車はIHIと販売提携を結んでいるNORDEX社(ドイツ)製でタワーの高さ60m、ブレードの直径80m、風車の最高点高さは100mに達する、国内最大級の大型風力発電設備です。また、環境学習施設は、啓発表示盤、複数の小型風車、東屋、太陽光発電パネル、説明パネル等からなり、公園に訪れた誰もが間近で風車を見学し、再生可能エネルギーについて学習することができる施設です。
 本格的な稼働開始は4月を予定しており、年間の予想発電量は一般家庭1000世帯分に相当する計画です。発電した電力は公園内の関連施設などに利用するほか、余剰電力は東京電力へ売電されます。東京湾に2000kW級の大型風車を設置するのは、国、地方自治体、民間を通じて初めての試みです。
 
 また、IHIは南九州ウィンド・パワー株式会社(鹿児島県肝属郡)向けに出力1,300kW×20基を納めるなど多数の風力発電設備を建設しており、累計受注実績は50基になります。
 IHIでは、今後も大規模なウインドファーム向けを中心に、設備の建設のみではなく発電事業も視野に入れ、年間50億円の受注を目標に、迅速なアフターサービス体制と設備の信頼性を柱に据えた営業活動を積極的に展開していく方針です。
 

<風力発電設備>
定格出力 1950kW
カットイン風速 4m/s
カットアウト風速 25m/s
ブレード直径 80m(1枚約40m)
タワー 60m
地上最大高 100m(ブレード先端まで)
設置場所 若洲海浜公園内多目的広場
    「若洲海浜公園」は東京都が管理している東京湾に面した公園で、広大な敷地内にはキャンプ場、サイクリング施
    設、海釣り施設、多目的広場など、バラエティー豊かなレクリエーションゾーンとして親しまれている。風力発電施
    設は、その中の多目的広場(敷地面積:5.5ha)に設置されるもの。

 




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。