ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

感染対策や悪臭対策にも有効 新型オゾン殺菌脱臭機「JS-3000」を開発、販売

-2003年7月22日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)と石川島芝浦機械(ISM)(※1)は、集塵殺菌能力を大幅にアップした新型オゾン殺菌脱臭機「JS-3000」を開発、8月1日から「JS-3000」の特定販売代理店である日本カルチャー研究所株式会社(※2)が販売を行います。

 本年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の猛威、近年のエイズ感染やMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)による院内感染、結核の緊急事態宣言、VRE(多剤耐性腸球菌)等の多剤耐性菌の多数出現など、細菌やウイルスの猛威が連続的に襲ってきている昨今、医療機関のみでなく、一般企業や家庭においても、感染に対する危機管理体制が問われています。また、感染対策として活用されているホルマリンやエチレンオキサイトガス(EOG)においても、環境汚染による規制が厳しくなってきており、新しい殺菌剤として残留ガスが発生しないオゾンによる殺菌が急速に伸びてきています。
 IHI/ISMは、平成8年に3月にオゾン殺菌装置としては日本で初めてオゾン殺菌装置で薬事承認を取得して以来18種類のオゾン殺菌・脱臭装置が新しい殺菌剤として医療機関施設、老人施設、幼稚園・保育園他で広く採用されています。
 また、今月初めにはSARS再発防止に役立てていただくために、中国へオゾン殺菌装置4機種を寄贈し中日友好病院(北京市)に設置されています。

 IHI/ISMのオゾン殺菌・脱臭装置18種のうちの一機種である「OV-10」は室内に人がいる状態でもオゾンガスによる殺菌・脱臭を可能とした吸引・くん蒸殺菌脱臭装置として平成10年4月に開発したもので、これまで病院や医院を中心に2500台を納入しています。
 今回開発した「JS-3000」は、「OV-10」の集塵殺菌能力を大幅にアップ、また設置場所を想定して流体解析シミュレーションを駆使し、マイナスイオンで快適空間を創出するなど、より ユーザーのニーズに則した機能を付加した最新型のオゾン殺菌脱臭機です。

 本装置の最大の特長

1. W機能で24時間クリーンな環境作り
  吸引モード: 人がいる時は、空気を吸引し、オゾン・HEPAフィルタ・脱臭触媒・マイナスイオンを使用し強力に浮遊菌の殺
    菌、脱臭、集塵を行う
  くん蒸モード: 無人の時はオゾンガスを室内に拡散させ、付着した菌や臭いを除去。普段の清掃では行き届かないドアの取っ
    手や機器の裏まで気体のオゾンが充満し、除菌・脱臭する。
2. 集塵殺菌効率大幅アップ
  大容量静電式HAPAフィルタ(0.3μmの微粒子を99.97%以上除去)とオゾンにより、細菌やウイルスなどを確実に捕捉し死滅させ、
  耐性菌を作らず殺菌する。風量は、従来の装置の1.6倍の4m3/分で、より短時間での殺菌・脱臭可能としている。
3. 最強のパワフル脱臭
オゾンくん蒸により、固着臭にオゾンが直接働き、短時間で分解脱臭が可能。
吸引時はオゾン+触媒+脱臭フィルタ+マイナスイオンで強力脱臭を実現。
4. マイナスイオンによる快適空間の創出
  吹き出し口で1,000,000個/CC以上のマイナスイオンを放出。部屋の隅々まで森林レベルのマイナスイオン量(約3000~5000個
  /CC)をキープし、快適な空間を保つ。
   

また、ステンレスを外装全面に採用し高級感・清潔感のあるデザインにする、お知らせ機能付き大型液晶モニタを標準装備し、『マイナスイオンで空気清浄中』など施設利用者へのメッセージなど表示を可能にするなど、ユーザーからのリクエストを取り入れ、より使い易い装置になっています。

オゾンは残留ガスのない環境に優しい殺菌剤であり、また、日常かかるコストはわずかな電気代のみで済むことから今後更なる需要が見込まれるており、IHI/ISMでは、日本カルチャー研究所を通じて「JS-3000」を、初年度900台、年間売上1500台を目標に医療関連施設、老人施設、幼稚園・保育園、動物病院、ホテル、消防署など向けに営業活動を展開していきます。

<装置概要>

名       称 オゾン殺菌脱臭機
型       式 JS-3000
オゾン発生量 くん蒸時 700g/h
マイナスイオン発生量 1,000,000個/CC以上
寸       法 幅500mm×奥行270mm×高さ850mm
重       量 20kg
販 売 価 格 オープン価格
     
※1 石川島芝浦機械株式会社(ISM)
  社長:桑原 紘一郎
  本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7
※2 日本カルチャー研究所株式会社
  社 長:疋田 和由 氏
  本 社:大阪市北区天神橋3-2-10(お客様窓口:0120-21-3229)
  事業内容:オゾン殺菌脱臭装置販売・メンテナンス

 




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。