ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

中国・宝山鋼鉄から鋼板製品の積み出し用クレーンを受注

-2004年4月16日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)はこのほど、中国・宝山鋼鉄(上海市)から同社の製鉄所内自社専用埠頭向けに鋼板製品の積み出し用クレーン1基を受注しました。稼動開始時期は2005年2月の予定です。IHIは既に同製鉄所へ同型の鋼板製品積出用クレーン2基および鉄鉱石荷役用のアンローダ4基を納入しており、全機が順調に稼動しています。これらの実績が客先から高く評価され、上記受注につながりました。

 宝山鋼鉄では国内外向け鋼板、その他鉄鋼製品の製造・販売を行っています。現在中国では、各種産業用鋼板の需要が旺盛で、宝山鋼鉄もフル操業の状態が続いています。宝山鋼鉄では、製鉄所内の港における鋼板製品のさらなる荷役効率アップを図る目的で、鋼板製品の積み出し用クレーン1基の新規導入に踏み切ったものです。今回、IHIが受注したクレーンは、永久磁石吊具を採用し、消費電力を抑えると共に、万一の停電時にも鋼板吸着が持続し安全な点が主な特徴です。なお、同クレーンの概略仕様は以下のとおりです。

(概略仕様)
 1.定格荷重: 45トン
 2.アウトリーチ: 30m
 3.リフト(レール面上): 22m

 IHIはこれまでにコンテナクレーンを中心に、国内外に170基以上の港湾荷役用クレーンの納入実績があります。IHIでは今回の受注を契機として、さらなる需要の伸びが期待できる中国での港湾荷役用クレーンの拡販に注力していきます。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。