ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

石川島建機株式会社が中国に合弁会社を設立

-2004年9月8日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)の子会社、石川島建機株式会社(代表取締役社長:二反田正夫。本社:神奈川県横浜市金沢区昭和町3174。以下「IK」)はこのほど、香港の()中駿機械有限公司(董事長:黄朝陽氏。以下「中駿」)と、中国における中・小型油圧掘削機(ミニショベル)の製造・販売を行う合弁会社を共同出資により設立することで合意し、本日、契約調印を行います。

 1. 合弁会社設立の目的:

1) 現在、中国の中・小型油圧掘削機(ミニショベル)分野では、日本、欧米、韓国、中国の合計20社が激しく競合している。IKは昨年3月
  に、中駿を販売代理店として最新の日本製完成機の販売を開始し、年間140台を販売したが、昨今の日本・韓国の競合他社による現
  地生産開始に伴い、早晩、価格競争必至の状況になっているため。
2) 中国は今後、中・小型油圧掘削機(ミニショベル)の大きな需要増が期待される市場(2008年に2万台超)であり、消費地に近い所で需
  要に直結した生産拠点を設け、価格競争に打ち勝ち、シェアアップを図るため。

 
  2. 合弁会社の概要:

1) 会社名 石川島中駿(厦門)建機有限公司(以下「石川島中駿」)
2) 設立予定日 平成16年11月30日
3) 本社所在地 中国・福建省厦門市集美区北部工業区内
4) 工場所在地 同上
5) 工場操業開始時期 平成17年6月
6) 董事長 米今 收 (IK常務取締役が兼務)
7) 役員 未定
8) 資本金 3,000万人民元(約3.9億円)
9) 出資比率 IK51%、中駿49%
10) 合弁期間 15年間
11) 事業内容 ①IKの中・小型油圧掘削機の製造・販売
      ②IKの中・小型油圧掘削機完成車の輸入販売
12) 人員 発足時59名
13) 対象地域 中国(台湾を除く)。輸出はIK経由で行う。
14) 技術供与 IKは石川島中駿に対してIK製中小型油圧掘削機に関する技術供与を行う(期間15年)。
15) 年間売上目標 初年度 1.4億人民元(約18.2億円)

 
* 中駿機械有限公司

設立・沿革 1984年設立の中駿集団(香港)有限公司の一部門として発足、1987年に中駿機械有限公司を設立。現在、建
    機(油圧ショベル等)の輸入販売、変圧機の製造販売および不動産業を行っている。
資本金 1億元(約13億円)
年間売上高 2003年は10億元(約130億円)
従業員 80人



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。