ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

韓国・大宇造船海洋株式会社から世界最大級の3,600トン吊り大型フローティングクレーンを受注 ~吊上げ能力3,000トン以上の大型フローティングクレーンを3年連続受注~

-2005年1月6日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)はこのほど、韓国・大宇造船海洋株式会社(社長:鄭聖立氏。本社:韓国・ソウル市。以下「大宇造船」)から、世界最大級の吊上げ能力を持つ3,600トン吊り大型フローティングクレーン1隻を受注しました。
 引渡し予定時期は2006年1月末です。IHIは平成14年に深田サルベージ建設株式会社向けに、平成15年には韓国・韓進重工業株式会社向けに、共に3,000トン吊りの大型フローティングクレーンを受注しており、今回の受注によりこの3年間で大型フローティングクレーンの3隻連続受注を達成したことになります。

 大宇造船は今回、同社玉浦造船所(韓国・巨済市)の大型LNG船建造能力向上のために、新しい大型フローティングクレーンの導入に踏み切ったものです。
 IHIが受注した大型フローティングクレーンにはこのクラスでは初となる大型ブロックの反転を容易にする揺動装置が採用され、荷役効率の飛躍的向上が可能になりました。
 さらに、IHIがこれまでの豊富な納入実績から得た技術力を駆使し、トラス構造のジブを採用することで、従来のボックス構造に比べて約60%の軽量化を実現しました。

 IHIはこれまでに、国内向けには深田サルベージ建設株式会社向け3,000トン吊りをはじめとして30隻、海外向けには韓国向け3,000トン吊り、中国向け2,500トン吊り等、16隻の合計46隻のフローティングクレーン納入実績を誇り、今回大宇造船から受注した1隻を含めた受注実績は合計47隻に上ります。

 IHIでは今後とも、設備投資の伸びが期待される造船業界をはじめ、国内外への大型フローティングクレーンの拡販を図るべく、積極的な営業展開を図っていく方針です。

【概略仕様】
 1. 船体形式 :3,600トン吊り 非自航ジブ゙俯仰式起重機船(船級KR)
 2. 吊上げ能力:主巻900トン×4フック、定格荷重3,600トン

今回受注したものと同型の深田サルベージ建設株式会社
向け3,000トン吊り大型フローティングクレーン




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。