ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

世界最大級の大型コンテナ船の完成・引渡し ~P&Oネドロイド向け 7,500個積み~

-2005年6月15日-

プレスリリース

 アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(以下IHIMU、社長:今清水義紀)は、6月15日(水)、同社呉工場(広島県呉市)にて、P&Oネドロイド社(本社所在地:ロッテルダム)向けに世界最大級7,500個積みの大型コンテナ船(オーバーパナマックス型)を引き渡しました。本船は、日本国内で竣工しているコンテナ船では最大の積載量となります。本船は、同社向けに建造している同型船8隻のうちの第3番船で、IHIMU呉工場では、今後、同型船を5隻建造する予定です。
 なお、本船は「P&O Nedlloyd Michelangelo(ミケランジェロ)」と命名されました。

 本船の主機関には出力国内最大(68,640kW)を誇る電子制御式エンジン「DU-Sulzer12RT-flex96C」が搭載されており、これにより環境負荷の低減を可能とします。本エンジン最大の特徴は、燃料の噴射量、噴射タイミングを全てコンピュータで適正に制御出来る点です。従来の舶用ディーゼルエンジンは、エンジンの各シリンダーの動きに連動させたカムシャフトによりシリンダーごとに設けた燃料ポンプを稼動し、機械的に燃料噴射のタイミングを調整するシステムで、機械的な負荷が大きいものでした。一方、電子制御式では燃料噴射タイミングと噴射量の適正化を図ることができ、燃料供給の過不足を解消し、黒煙の原因となる不完全燃焼を防ぐごとができます。これにより、燃料消費の低減や排ガス中の有害物質を低減することが可能となります。

 近年、需要が拡大しているコンテナ船は、年々大型化が進んでおり、IHIMUは今後もコンテナ船のラインナップを整え、積極的な受注活動を展開していきます。

<主要目>
全   長 335 m
42.80 m
深   さ 24.40 m
吃   水 14.00 m
総トン数 約93,500トン
載貨重量トン 約97,600トン
主 機 関 DU-Sulzer12RT-flex96C型 ディーゼル機関 × 1基
主機出力 68,640kW
速   力 24.5ノット(航海速力)
船   級 GL(ドイツ船級協会)
起   工 平成16年9月21日
進   水 平成17年2月25日
完   工 平成17年6月15日




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。