ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

シンガポールのエンジニアリング会社から主要事業を譲受け

-2005年11月28日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)は、このたび、シンガポールのプラントエンジニアリング会社であるジュロン・エンジニアリング社(以下JEL:JURONG ENGINEERING LIMITED、社長:我孫子 治)の本社機能と主要事業であるプラントエンジニアリング事業および建設事業をIHIグループの100%出資子会社にて譲受け、主要事業に付随するJELの子会社および関連会社30社を含めてIHIの連結対象会社とすることとしますので、下記のとおりお知らせいたします。なお、主要事業を譲受けるIHI子会社は、社名をJELから引き継ぐと共に、引き継いだ事業を継続して行います。

.営業譲受の目的
  IHIの海外における各種プラント工事が増加しているなか、海外工事のマネジメント機能を強化します。東南アジア、中近東における建設工事に多くの実績をもつJELの労働力調達ネットワーク、現場マネジメント能力、各国法規制への対応能力を得ることにより、IHIの海外工事の更なる収益性の向上ならびに受注の拡大を図っていきます。
   
.営業譲受の内容
  1)譲受の対象
  ・JELの本社機能と主要事業であるプラントエンジニアリング事業ならびに建設事業。
・JELの子会社19社(シンガポール4社、マレーシア2社、タイ1社、インドネシア1社、フィリピン1社、ベトナム1社、ミャンマー1社、中国1社、香港1社、台湾1社、インド1社、バングラデシュ1社、イラン1社、UAE1社、日本1社)および関連会社12社(うち1社はすでに連結対象会社)。
上記、譲受対象事業の連結売上高は254,546,000シンガポールドル、連結営業利益は751,000シンガポールドル(2004年12月期)
  2)譲受資産
  譲受対象事業(子会社含む)の本社・工場およびそれぞれの営業権と人的資産。
  3)譲受価格
  51,588,280シンガポールドル(約35億円)
支払いは、IHIが従来保有していたJEL株式を含む。
   
.譲受後の新会社の概要
  社名:JURONG ENGINEERING LIMITED(現社名と同じ)
 資本金:51,788,280シンガポールドル
 (IHI 85%、石川島プラント建設(株) 15%)
 会長:Bob Tan Ben Hai
 社長:我孫子 治(現JEL社長)
 副社長:吉田 力(現IHIエネルギー・プラント事業本部スタフグループ部長)
 所在地:25 Tanjong Kling Road,Jurong Town,Singapore628050(現所在地と同じ)
   
.今後のスケジュール
  H17年12月上旬:営業譲受および対価支払い
H18年1月   :新会社における各種申請手続完了
   
)JELの概要
  1971年にIHIがシンガポール開発銀行等と共同で設立したエンジニアリングおよび建設事業を主要事業とする会社。1984年にシンガポール証券市場に1部上場。東南アジアを中心に中近東、アフリカなど世界各国にて多くの建設工事の実績を有し、広く業界に知られている。IHIの現在の出資比率は25.6%。
 ・資本金                  :21,602,000シンガポールドル
 ・従業員数(単独)            :290人
 ・売上高(連結、2004年12月期) :254,546,000シンガポールドル
 ・営業利益(同上)            :751,000シンガポールドル



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。