ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ターボチャージャの基幹部品の新工場が完成~拡大するターボチャージャ市場で、さらなるシェア獲得を目指す~

-2006年8月22日-

プレスリリース

石川島播磨重工業(IHI)の子会社で、ターボチャージャの生産を担っている石川島汎用機械株式会社(以下IHK、所在地:長野県伊那郡辰野町、社長:守屋喜雄)は、本日8月22日に、昨年12月から建設を進めてきた新町工場(所在地:長野県上伊那郡辰野町、延床面積:9,813m2)の竣工式を行いました。

 IHIは、ターボチャージャの生産を担うIHKと一体となって、ターボチャージャ事業を運営する体制を作っており、このたび完成した新町工場は、IHKの木曾工場(所在地:長野県木曽郡大桑村、第一工場延床面積:12,275m2
、第二工場延床面積:4,181m2)に次いで、ターボチャージャの基幹部品を生産する第2の拠点となります。

 IHIは、ターボチャージャを重点事業とし、国内外で設備投資、人的投資を積極的に行っています。拡大するターボチャージャの需要に対応するため、2010年には、IHIグループでの生産量を、現在の200万台/年から400万台/年に倍増する計画です。

 新町工場では、これまで木曾工場で製造していたターボチャージャの基幹部品であるタービン軸などを、年間で計190万個製造する能力を有します。木曾工場と新町工場の2拠点で製造することにより、ターボチャージャの基幹部品の生産量を従来の1.5倍まで拡大させます。

 同工場は、少人数・24時間稼動の機械加工工場(24時間/日、22日/月稼動)をコンセプトとし、品質・コスト・納期の面でグローバルな競争力を獲得していきます。

 東南アジアや中国では、今後ますます自動車の需要が拡大するほか、ヨーロッパでは、2010年頃に排ガスの規制がさらに厳しくなり、二酸化炭素の排出量が少ないディーゼルエンジンの需要拡大が見込まれており、今後は海外でのターボチャージャの 需要拡大が期待されています。

 それに伴い、新町工場はIHIのターボチャージャの生産を担っている海外の生産拠点(タイ、中国、イタリア、アメリカ)向けに、基幹部品を製造し、さらなる品質の向上を目指していきます。

 今後、IHIグループではターボチャージャの生産体制を強化していき、生産量の世界シェアを15%から20%に拡大し、生産量で現在の世界第3位グループから世界第2位を目指し、積極的に事業展開を図っていきます。

 以 上

 お問い合わせ先:広報室 山本(03-6204-7030)

10014_1

【参考資料】

新町工場の概要

  1. 所在地:長野県上伊那郡辰野町伊那富5869「新町工業団地内」
  2.  敷地面積:約25,000m2
  3.  建設面積:延べ床面積9,813m2
     (1F 7,225m2、2F 2,588m2)
  4. 従業員数:9名
  5. 投資額:25億円
  6.  製造品目:
  製品名 新町工場 現状(木曾工場)
  タービン軸 1,254 千本/年 1,600 千本/年
  コンプレッサインペラ 507 千枚/年 1,350 千枚/年
  ベアリングハウジング 143 千個/年 300 千個/年

石川島汎用機械株式会社(IHK)の概要

  1. 所在地:長野県上伊那郡辰野町伊那富3934
  2. 設立:1962年9月15日
  3. 資本金:17億6,000万円
  4. 株主:石川島播磨重工業株式会社
  5. 代表者:守屋 喜雄
  6. 従業員数:644名(2006年4月現在)
  7. 売上高:約403億円(2005年実績)
  8. 主要製品:車両用ターボチャージャ、スーパーチャージャ、舶用ターボチャージャ、圧縮機、航空機器部品、油圧モーター、ポンプ



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。