ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ベトナム向けセメントプラントの建設工事を受注

-2006年6月1日-

プレスリリース

石川島播磨重工業株式会社
丸紅株式会社

 石川島播磨重工業株式会社(以下「IHI」)と丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、このたび、ベトナムの国営セメント公社傘下のビンソンセメント社(Bim Son Cement Company)からセメント生産プラントの新設工事を受注しました。受注金額は約150億円です。工事完成は2009年の予定です。

 今回の新設工事は、ベトナム国内の経済成長に伴い増加しているセメント需要に対応するもので、ハノイの南方約150kmのタインホアン省にあるビンソン工場内に日産5,500tの生産能力をもつ大規模なセメントプラントを建設します。ビンソン工場では1980年代に建設されたロシア製のセメントプラントが稼動していましたが、IHIが2003年に、既存のセメントプラントの2つの生産ラインのうち1ラインを1,750t/日から3,500t/日に増強する改造工事を行い、現在、順調に稼動しています。

 このたびの新設プラントでIHI/丸紅グループは、セメントプラントの全体設計、機械設備としては原料破砕設備をはじめ焼成設備、製品処理設備、出荷設備までの一貫生産ラインを建設します。

 今回の新設プラント工事は、欧州企業など数社による入札が行われましたが、これまでのIHIの海外におけるセメントプラントの豊富な納入実績と2003年の既存プラント改造工事後のこれまでの順調な稼動状況から技術的信頼性が高く評価され、今回の受注に至りました。また、今回の新設プラント工事は国際協力銀行(JBIC)による資金貸付(バイヤーズクレジット)の活用も計画されており、資金面でのリスクが低くなっています。

 ベトナムは、東南アジアのなかでも特に経済発展がめざましく、セメントのほか、電力、道路、橋梁などのインフラ整備が活発になっています。
 IHIと丸紅は、今後ともベトナムにおける積極的な営業活動を展開していきます。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。