ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

アルジェリア初の海水淡水化・発電プラントが完成

-2006年7月27日-

プレスリリース

 石川島播磨重工株式会社(以下「IHI」)と伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠」)は、このほど、アルジェリア初となる大型海水淡水化・発電プラントの建設工事を完了し、客先であるカハラマ社(Kahrama)に引き渡しました。

 IHIと伊藤忠のコンソーシアムは、今回のプロジェクトをフルターンキーで受注し、設計・調達・輸送・土木・据付・試運転のすべてを担当しました。

 このたび完成した海水淡水化・発電プラントは、アルジェリア第二の都市オラン市近郊のアルズー 工業地帯に位置し、天然ガスを燃料としたガスタービン3基により出力32万kWの発電を行い、同時にその廃熱を使って海水から1日あたり8万8,880m3の淡水を製造する大型プラントです。電力と淡水は、アルジェリアの国営会社が25年間にわたり引き取り、近年、工業化が目覚しいアルズー工業地帯での工業用電力および水の需要に供されると共に、同地域の住民用の飲料用水にも供され、同地域の長年の懸案であった水不足の解消にも大いに貢献することになります。

 IHIは、これまで中東において20基にものぼる海水淡水化プラントの納入実績がありますが、 今回のような海水淡水化・発電プラント全体をフルターンキーで請け負うのは初めてのことでした。 このたび、要求された機能・性能を満たすプラントが完成し、顧客の要望に応えることができました。

 現在、アルジェリアでは、石油・ガス分野への投資だけでなく、今回のようなインフラ整備にも活発な投資が行われており、IHIと伊藤忠は今回の実績を強みとし、引き続きアルジェリアにおける積極的な営業活動を展開していきます。

<プロジェクト概要>

客   先 Kahrama Spa(カハラマ社) アルジェリアン・エナジー・カンパニー(ALGERIAN ENERGY COMPANY:AEC)95%、
    ブラック&ビーチ(BLACK&VEACH、米国大手エンジニアリング会社の南アフリカ子会社)5%出資の合弁会社
場   所 アルジェリア オラン市 アルズー工業地帯(首都アルジェ西方約350km)
用途および能力 工業地帯の多種プラントの水・電力需要および一般市民の水需要に対応。
    <発電>32万kW(11万4,600kW×3基)
    <海水淡水化>8万8,880m3/日(2万9,630m 3/日×3基)

アルジェリア初の海水淡水化・発電プラントが完成

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。