ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

新潟原動機(株)と新潟トランシス(株)の完全子会社化について

-2006年9月1日-

プレスリリース

 石川島播磨重工(IHI)は、平成18年9月1日にDBJ事業再生投資事業組合日本政策投資銀行(以下DBJ)が保有する新潟原動機(株)(以下NPS)と新潟トランシス(株)(以下NTS)の株式(持株比率:各々30%)をDBJから取得し、NPS、NTSの両社を100%子会社としました。
  
 当社は、平成14年10月に、会社更生法を申請し、経営再建中であった旧(株)新潟鐵工所の主力事業の原動機事業、交通システム・車両・除雪関連事業などについてスポンサー契約を締結。翌15年2月3日付けで両事業および従業員を引き継いだ出資比率IHI70%、日本政策投資銀行DBJ30%の新会社NPSおよびNTSを設立しました。このように会社更生法下で事業単位での再生を行ったのは日本初のケースですが、設立から3年半が経過し、経営が軌道に乗ったことから、当初の予定通りDBJの保有する両社の全株式を取得し、100%子会社としたものです。

 NPS、NTSの両社は、今後とも事業発展に向け鋭意努力して参ります。

 両社の概要は次のとおり。

新潟原動機株式会社
所在地 東京都中央区八重洲 2-9-7
事業内容 ディーゼルエンジン(舶用・陸用・車両用)、ガスエンジン、ガスタービン、Z型推進装置などの製造および
    販売など
売上高 454億円(平成18年3月期実績)
資本金/発行済株式総数 30億円 / 6万株
代表取締役社長 橋本伊智郎
従業員 947人(平成18年3月末現在)

なお新潟原動機(株)には部品製造を担当する100%子会社ニコ精密機器(株)がある。

新潟トランシス株式会社

所在地 東京都中央区八重洲 2-9-7
事業内容 鉄道車両・産業用車両・除雪機械などの製造販売案内軌条式鉄道システムの設計、製作および建設
売上高 145億円(平成18年3月期実績)
資本金/発行済株式総数 10億円 / 2万株
代表取締役社長 大坪英志
従業員 223人(平成18年3月末現在)



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。