ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

二重反転プロペラを搭載した電気推進船2隻を追加受注~次世代内航船の建造~

-2007年4月17日-

プレスリリース

株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU、所在地:東京都港区、社長:今清水 義紀)はこのたび、二重反転プロペラを採用した電気推進船を、商運海運有限会社(所在地:大阪府大阪市、社長: 石澤 重男氏)から白油タンカー(総トン数約749トン)1隻、および国華産業株式会社(所在地:東京都港区、社長:吉川 弘明氏)からケミカルタンカー(総トン数約1,065トン)1隻を受注しました。

 商運海運有限会社向け(※1)白油タンカーは前畑造船株式会社(所在地:長崎県佐世保市、社長:松瀨 久恒)で、また、国華産業向けケミカルタンカーは、鈴木造船株式会社(所在地:三重県四日市市、社長:鈴木 幸志郎)で下請建造されます。両船とも独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)との共有船として建造されます。

 今回受注した2隻は、省エネおよびCo2、Nox、Sox等の排出量低減による環境負荷低減を実現する次世代内航船(スーパーエコシップ)で、本年2月に引き渡した新島物産株式会社向け492トン貨物船兼油タンカー「新衛丸」および建造中の国鵬汽船有限会社向け499トンケミカルタンカーに続く3・4隻目の受注となります。IHIMUは、今後とも二重反転プロペラを採用した電気推進船(次世代内航船)の建造を通して内航海運の近代化に寄与していく方針です。

 ※1 白油:石油の1種、ガソリン・灯油・軽油など

<国華産業向けケミカルタンカー船の要目>
船 種 ケミカルタンカー船
長さ×幅×深さ 76.9m×12.2m×5.25m
総トン数 約1,065トン
載荷重量 約2,300トン
航海速力 約13ノット
推進システム

 発電機・・・700kW×3式
 

 推進装置・・・インバータ制御電動モータ745kW×2基
 

          二重反転プロペラ×1基

     
<商運海運向け白油タンカーの要目>
船 種 白油タンカー
長さ×幅×深さ 69.95m×11.5m×5.25m
総トン数 約749トン
載荷重量 約1,900トン
航海速力 約12ノット
推進システム

 発電機・・・410kW×4式
 

 推進装置・・・インバータ制御電動モータ600kW×2基
 

          二重反転プロペラ×1基


二重反転プロペラを搭載した電気推進船2隻を追加受注 ~次世代内航船の建造~
(CRP)概略図(新島物産船に適用したもの)

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。